この辺りの者でござる…

アクセスカウンタ

zoom RSS 思い入れのボトル  オールド・パー12年

<<   作成日時 : 2012/11/01 01:21   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

忙しさに取り紛れ中々更新できずに徒に時間ばかりすぎて…

この間色々な事が有り過ぎて自分を失いそうになって…
でも、夜にゆっくり自分に戻る時間を持つためにウィスキーが随分役に立った。
画像
このオールド・パー12年は大学の大先輩から戴いたものだが、ごく希にしか晩酌の習慣の無かった私にとってボトルを空けるなど遠い未来の話だと思っていた。
しかし憂き世の憂さを晴らすのに飲むようになって、随分速いペースでドンドン減っていった…
アルコール依存症予備軍に仲間入りである。

そんな時は大抵味に拘泥無くただ酔いたくて飲むだけで、気がつけば頗るもったいない飲み方だったと思う。

恐竜並みに遅まきだが酒の味に気がつき始めた時には、偉そうに「随分とビターの勝った枯れた味だ」なんていう感想しかなかった。
可哀想に同時期にたまたま買った竹鶴12年という美酒と、期せずして飲み比べるような不利な事態も重なった。してみると学生時代に味も判らず暴飲したS・オールドに印象が似ていた事も手伝って、美味いとも思えず少し距離を置くようになり…

いけない事にもっと美味いウィスキーを探すという、ジプシーにも似た遙かな旅に出てしまって…
国産シングルモルトは当然としてスコッチのシングルモルト・ブレンデッドのあれこれなどと、潤沢ではない小遣いから捻出できる範囲で色々と飲み比べる道楽が始まった。

色々な酒の味や香りの細かな違いを楽しむのを快として、贅沢にも最近は色々な酒が飲みたいと言う欲ばかりが強くなって、ついつい酒屋を覗く日々に…

困ったものである。

反省の意味を含めここ数日母港に帰る気持ちでオールド・バーを飲んでいる。

確かに最初に感じる味や香りはオールドチックで「これは」と思うほど美味くはない。
が、暫く口に含んで飲み込んだときに残る香りは、枯れた感じはではあるがそんなに悪くはないと思う。
オッサンの馬鹿舌が正確かどうかは別として、世間の舌が敏感な方々の言うアフターテイストとはこんな感じなのであろう。
言ってみればベーシックな基準を教えてくれる良い教科書である。

残り少なくなってようやくそれがわかるとは困ったものだが、残りの分は感謝して飲みたいと思う。

勿論これを下さった大先輩にも。






オールドパー 12年 40° 750ml 1本
モエヘネシーディアジオ 株式会社

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by オールドパー 12年 40° 750ml 1本 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
思い入れのボトル  オールド・パー12年 この辺りの者でござる…/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる