この辺りの者でござる…

アクセスカウンタ

zoom RSS セント・エルモの火 ニッカ ピュアモルト・レッド

<<   作成日時 : 2013/02/26 07:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 6

近所の酒屋へ出入りする機会が多くなった。
何故ならそこはウィスキーの品揃えが良いからである。
以前から書いているが、私が飲んでいるニッカの酒は殆どそこの酒屋で入手したもので、おかげで旨い酒を常飲出来る状況にある。
そんな事でピュアモルトの黒を反復的に買っていけばいいものを、変なスケベ心があるばかりに腰がいっこうに据わらない。

で、ついつい今度はピュアモルトの赤を買ってしまった。
奥様から「また新しいのを買ってきたん?」と咎め立てされるのが嫌なので、空になった黒のボトルとすり替えておけば判りはしまい。無益な争いを避けるのが真の兵法者のとるべき道である。
とか言いつつ気がついたらキッチンのカウンターの上に空瓶が置かれてた…。
バレちまったものはしょうがねえと黙っていたら、「おしゃれな瓶だから何かに使おうと思って」だって。
画像
余談だがニッカというと瓶の形にこだわりがあって、フロム・ザ・バレルやスーパーニッカなどのボトルも特徴的である。酒を余り好まなかった学生時代でも、佇まいが格好良かったからこれらの酒を買った事は疑いを入れない。
なのにどうして竹鶴のボトルはあんな形になってしまったのだろう。酒はあんなに個性的なのに。

余談は置いといて、ピュアモルトの黒ラベルが結構良い出来だから、対比させるのにどういった形にするのか?興味が先ず湧いたのはそこである。
宣伝文句によれば「ピート香を押さえた華やかなウィスキー」であるという。
ニッカHPに拠ればハイランドの余市とローランドの宮城峡とも書かれていて、レッドはその宮城峡モルトをキーにしている。

先ずはストレートで飲んでみる。花のような香りと甘い飲み口。ビターとスパイスがやってきて、コクが残る。それが抜ける頃にバニラが香り始めて、余韻嫋々。綺麗な良い酒。
少し加水して挙動を確かめる。香りは最初花のような香りが立つ。甘さも最初柔らかい甘みから濃いメープルシロップへ。そこにビターがやってきて重なるとリコリスの風味。加水するとスパイシーな部分の角も丸くなる。
最後まで挙動はゆっくりしていて、穏やかで非常に旨い酒である。後口のコクとビターがなかなか良い。ついつい後を引いてしまう。

これは宮城峡蒸留所の立地を連想させる酒である。私なりの表現なので異論も多いかと思うが、ローランドモルトという印象よりもスペイサイドとか南ハイランドに近いものを感じる。

ピュアモルトのブラックは飲み応えのある北ハイランド的な酒で、レッドはスペイサイドの華やかな酒。ホワイトは言わずと知れたアイラ島の剛健な酒。
想像に過ぎないが、ニッカのブレンダーはスコットランドのそれぞれ特徴的な酒を、ピュアモルトで再現したかったんじゃないだろうか。それもそのままじゃなくて、日本人の嗜好に合わせた穏やかなものにアレンジをして…。

造り手の意志がほんのり見えてきて、非常に気持ちの良い酒である。
これがこの値段で飲めるのなら、何も文句はない。

ウィスキー探しの放浪の旅に、良い指針をもらう事が出来た。
いわば『セント・エルモの火』だった…。

と、映画の様に言ってもみるのもいとをかし。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは!
奇遇ですね、じつはピュアモルト・レッドを飲んでいます。同時に日本製の摩訶不思議な「ウィスキー」も飲んでいますが、本当にピュアモルト・レッドはよく練れたウィスキーだと思います。
もう少しヴァニラ香が強いものと想像していたのですが、それは見事に良い方に裏切られました。こんなにいいウィスキーが、なぜもっとたくさん出荷されぬのか理解に苦しみます。
ピュアモルト三種とフロム・ザ・バレルから離れられそうにありませんが、ふだんはブラックニッカスペシャルか、G&G、またはできのよい1000円クラスのスコッチにして、ピュアモルトがとっておきになりそうです。
只野乙山
URL
2013/02/26 11:24
乙山先生 コメント有り難うございます。

いや、本当にピュアモルトのシリーズは良く出来てますよね。
穏やかで淡麗な日本人好みのお酒です。
乙山先生の仰有るように、ノンエイジの余市や宮城峡を売らんが為に市場に出さないというのは、非常に残念な話です。

それと『摩訶不思議なウィスキー』ってとても気になります。
宜しければそのお話しをお聞かせ下さい。
Nori
2013/02/26 12:55
昨夜、僕は、某高級ホテルのバーで、「軽井沢」と銘うったウイスキーを飲みました。どえりゃあ、香りの濃いウイスキーでした。限定、140本の瓶で、114のナンバリングがしてありました。生演奏が響く空間でウイスキーを飲むというのは贅沢なものだなと思いました。ロックで二人で一杯づつ飲んだら5800円でした。
もちろん、僕が払ったわけはありません。
根岸冬生
2013/02/27 09:32
根岸さん コメント有り難うございます。

ええー、軽井沢飲まれたんですか?
今は閉鎖されたメルシャン軽井沢蒸留所の傑作ウィスキーです。
限定どころか、今は入手がほとんど不可能な物ですよ。
生演奏ってまさかジャズとか…

贅沢ってもんじゃありません。
罰が当たりますよ…
Nori
2013/02/27 12:07
普段は安物のウイスキーばかりなので・・・というよりブラックニッカのクリアブレンドばっかりなので、1000円を越すウイスキーともなると私芽の想像に及びませんが・・・
去年の年の暮れ・・・年に一度の贅沢と「竹鶴」を購入。いつもより1日早いペースで一本無くなってしまいました。理由はご想像通り。これはいけない。こんなウイスキーを飲んでいてはお財布が苦しいのみならず、肝臓にもよくない(自制できれば何の問題もないのですが  笑)と思い、やはりブラックニッカが良いなあと相成った次第で・・・今も左手にブラックニッカのオンザロックを握りしめ、右手の人差し指一本でこのコメントを・・・・
三友亭主人
URL
2013/02/27 23:11
三友亭主人さん コメント有り難うございます。

いつも飲まれている量が凄いですから、コストパフォーマンスは大事な事です。
私はビールも焼酎も殆ど飲まない人間なので、ある程度お小遣いを投入できる訳で…

でも消費量が激しいと奥様から取り上げられます(^^;)
私もなかなか自制のきかない人間ですので。
Nori
2013/02/27 23:22

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
セント・エルモの火 ニッカ ピュアモルト・レッド この辺りの者でござる…/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる