この辺りの者でござる…

アクセスカウンタ

zoom RSS 義理・人情の… ロングジョン

<<   作成日時 : 2013/02/16 07:00   >>

かわいい ブログ気持玉 39 / トラックバック 0 / コメント 8

この間から1000円台後半のウィスキーを飲んでいる。
この辺りから800円程度プラスのエリアが、私の奥様から許された上限でもある。常飲する酒をフロム・ザ・バレルやピュアモルトにシフトしようと思い、その前に少し安価なスコッチを飲んでみて様子を見たいと変なスケベ心が生まれてきた。
少ない小遣いでやり繰りしなければいけない立場だと言う事で、やむにやまれぬ仕儀でもある。
画像
第一弾として昔から帆船マークで有名なウィスキーを買ってみた。
ハッキリ言ってウィスキーの味が全くしない物だった。ピートの香りがするでもなく、甘い香りがするでもない。強いて言えばアルコールの匂い。飲めば飲んだで甘みは立つが一本調子で、その後に麦の風味が来るが余り焙煎されていない感じだった。
ハッキリとしているのは麦焼酎と同じ香りと味がする事。
これだったらウィスキーを飲む意味がない。麦焼酎の方が安いし。

そんな事でちょっと失望気味だったのだが、奥様から「バレンタインのチョコはどんなのが良い?」とお糺しがあったので、いつもはウィスキーボンボンを頼むところを「1000円くらいのスコッチにしてくれ」と答えた。
言わば義理ウィスキー。何しろ義理が廃ればこの世は闇だと村田先生もおっしゃっている事だし、こっちの財布は傷まない。

奥様お手製のラッピングを撮影しておけと下命されたので、ついでに撮っておきます。

良くお伺いしているお酒の先人の方のブログでも一度取り上げられていて、中々良さそうだったのでこの酒を飲んでみたくなった。奥様にオーダーしてもすぐに忘れてしまう人なので、お嬢様にキッチリ頼んでおく事とした。案の定、お嬢様に聞いてやっと思い出したらしい。
画像
佇まいは昔からのウィスキーらしさが漂うボトル。色は若干濃いめ。これは期待が持てそうである。開栓してそのまま少し飲んでみる。
ああ、ちゃんとピートの香りがする。
飲み口も口の中でヤンワリと甘さに変化する。ちょっと意外。思ったよりちゃんとしたスコッチだ。

キーモルトはトーモアでラフロイグもブレンドされているという事だが、ヨード香は余りしないところが万人向けかも。
しかし明確にピートの香りがして、味のふくらみ方も上のクラスのウィスキーと遜色ない。これはいい酒だ。
後で来るスパイシーな部分は若干きつめで、コクとビターは少し軽めである。そしてドライ。
でもこれは安い酒にありがちな、水割りやハイボールにして飲む酒ではない。
ストレートか、ほんの少し加水して飲むのが良いと思う。
アイラモルト好きの私が飲んでも納得できる酒である。

ブレンデッドの妙味だなと思いつつチビチビやっていると、「お父さん、ここに置いといたらお茶飲むみたいに飲んでしまうわ、アカンね」といって奥様に取り上げられてしまった。

バレンタインでは、出資者の意向が強く反映されてしまう事は計算外だった…。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 39
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして・・・のコメントです。

>安い酒にありがちな、水割りやハイボールにして飲む酒ではない・・・

私は、毎日ビール(発泡酒?)、清酒、ウイスキーの全てをやっつけなくてはなりません(笑)。
清酒がその中でメインの楽しみとしていますので、他は少々節約をしなければなりません。ですから、ウイスキーは1000円以内の安物で我慢。本来ならばおっしゃるように水割り化ソーダ割りなのでしょうが・・・お構いなしんロックでやっています。濃いやつがだんだん薄くなってゆくのが好きなもんですから・・・
三友亭主人
URL
2013/02/17 09:21
三友亭主人さん コメントありがとうございます。

すいません。言葉が足りなかったようです。
最近流行のハイボールにして飲むのは勿体ないと言うつもりで書いてます。
ストレートやロックで味わいながら飲む方が良いような気がしておりまして、酒質が悪くないのにハイボールにするのはどうも…。
私も同様で氷が溶けて好みの濃さになっていくのが楽しいと思いますよ。

ホントは日本酒も好きなのですが、保健婦の方が定期的に体重とウエストサイズのチェックに来るようになって、日本酒やビールを控えなさいと指導を受けております。

実は選択肢が無くてやむなく蒸留酒を…。
お察し下さい。
Nori
2013/02/17 10:00
高い酒ほど、ロックかストレートで飲んじゃいますね。
安い酒は自分で加工したくなる(水割りも含めて)。
最近は面倒くさくってコークハイですよ。
コークハイ……そんな洒落たものじゃないな。
メンドくさくてコーラ入れただけだからな。
根岸冬生
URL
2013/02/17 11:54
根岸さん コメントありがとうございます。

実は記事にもあるのですが、帆船マークの酒が勿体ないので私もコークハイにしました。
コーラだけでは減っていかなかったので、キリンレモンやオレンジジュース、果てはジンジャエールと冷蔵庫のものを総動員しまして…。

結果的に私が飲むまでもなく、お召し上げになりましたが。
Nori
2013/02/17 13:37
こんにちは!
ロングジョンですね。乙山も何度か飲んだことがありますが、中ないけるのではないかと思いました。
1000円クラスのスコッチでも侮りがたいものがありまして、巧いことブレンドしてあるなあと感心するものも多いのです。
思えば、これら1000円スコッチは、かつて3500〜4000円ほどで販売されていたものが多く、オールドやリザーヴより高級品だという認識がありました。
じつはそのほとんどがとてつもない関税だったわけでして、大英帝国の圧力に屈して1989年の酒税改正があり、1000円スコッチの誕生になったのでしたね。
ありがたいのですが、このレベルを1000円前後で売っているとなると、本当に日本のウィスキーは厳しいものがありますね。
只野乙山
URL
2013/02/18 11:42
乙山先生 コメントありがとうございます。

実は乙山先生のブログを見て、これをリクエストしたのです。
この値段でこんなのが…と思えるいいお酒でした。
1000円スコッチも玉石混淆なので、色々と先人の皆様の声を聞いて試してみようかなと思っております。

でも仰有るように、これと対抗する日本のウィスキーは大変だなと思います。
旨いものは値段が高いというのも、一つの真理なんでしょうけど…。
Nori
2013/02/18 12:52
こんばんはー。今日、最寄の大型量販店にて偶々1本だけあったこれが目についたので思わず手に取りましたヨ。
初めてのものを開拓するのは楽しからずや♪

・・・好いデスねー!初めははちみつにほんのり樽香が混じったような甘い香りで、口に含むとくすんだピート香が顔を出し微かに生姜のようなスパイスを感じ取りました。
ほんの少し水を足してみると、寧ろドライさはこの方が前に出てきました。とりわけフィニッシュに。

面白いなー。お気に入りの1本がまた増えました(^^
つっち
2015/05/31 21:07
つっちさん コメント有り難うございます。

バタバタは未だ解決しておらず、返事が遅くなって申し訳ありません。

ロングジョンはなかなか良いでしょう。
私も小遣いが少ない時には時折世話になっています。
確かに若さを感じてしまう所はありますけれど、総体的な見たらバランスのとれた良い酒だと思います。

まあドライさを感じてしまうのは、この値段の酒に有りがちな部分ではありますが、別の風味もちゃんと立っているのが好印象でもあります。

今は早く色々なものを片付けて、ゆっくりと飲みたいなと思っているところです。
Nori
2015/06/03 10:42

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
義理・人情の… ロングジョン この辺りの者でござる…/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる