この辺りの者でござる…

アクセスカウンタ

zoom RSS やさしく飲み応え シーバス・リーガル12年

<<   作成日時 : 2013/03/28 07:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 6

母港のない遠洋漁業はとても危険である。
帰る当てのない彷徨を繰り返すジプシーの様にである。
逆に母港にずっと繋留したままで漁獲高を上げる事は出来ない。

と言う事で今度はブレンディッドを探そうと思い立った。
だが近所の酒屋でニッカ以外のブレンディッドを探しても、オールドパーとディンプルとジョニーウォーカーしか置いていなかった。某国産メーカーの酒で旨いものを買おうとすると法外な値がつくので、当然パスしてしまう事となる。

こんな時は食品売場を大幅に改装して、値段がネットの実勢価格並みになった大手スーパーに行った方が新しい発見があるというものだ。
と言う事で奥様の買い物に付き合って食料品売場まで来てから、私の単独行動が始まるのは日常茶飯事というものである。
最初富士山麓樽熟50°を手にしてたのだが、よくよく考えてみるとウチにはまだフロム・ザ・バレルが残っている。だったら5本に1本の頑張りをして、スコッチを…と思ったら箱を手にしていた。
いつもながらの衝動買い。学習能力はあるのだろうか。
画像
一番気になったのは、以前飲んだバランタイン12年との違いについてである。
バランタインは華やかな香りを売りにしているが、シーバスは古くからのイメージがあって古典的な味なのだろうと想像できる。
何せ吉田茂が飲んだとか、ここの最上位銘柄にはロイヤルの名が付くとかの老舗である。
一方で日本の古典的なウィスキーと言えば、いくつかの例外を除いてメジャーなものには余り良い印象がない。
しかし、ストラスアイラをキーモルトにしているという一事が、期待をふくらませる。

開栓してグラスに適量注ぐ。トクトクといい音を出して流れ込んでいく。
思えばボトルネックの形状がこの音を出すんだよなぁ、と他のボトルを見ると大同小異でこんな形をしている。これも演出なのだ。

色は濃い琥珀。最初の香りは熟したリンゴとか洋梨の印象。少し木質性の香りもする。
飲み口は柔らかく、比較的ゆっくりと甘さが来る。甘みの山は高くない。
ピート香が来たかと思った時からの挙動は早い。急いでスパイスがやってきて、引き際にコクとビター。スパイシーで多少の角があるが、すぐに山を越える。ビターは少し強め。

少し加水してみる。香りは柔らかくなるが、複雑さがよく判る。ハーブ系の香りもする。
挙動がゆっくりとなり性格もつかみやすくなる。やはり甘みの山はなだらか。
甘みの山から胡椒風味が来て、去っていくまでの時間は短いまま。
ハッキリとコクが感じられ、ビターは強いが枯れた感じはしない。
焦がした砂糖の甘さとほろ苦さを感じる。
後口に残る香りは甘いバニラと木質系。これは結構濃いが潔くパッと消えていく。
ただし甘みが長く舌に残る。山は高くないが裾野はずいぶんと広い。

世間で現行ボトルの評判は余り芳しいものとは言えないが、決して悪くない酒である。
悪くないどころかバランスに優れていて、良い酒だと思う。

バランタインのように香りに特化してはいないが、この甘さとコクとビターの按配はウィスキー慣れしていない人にも、昔からのウィスキー好きにも受け入れられるものじゃないだろうか。

ただ、アイラモルト慣れをしている私には、若干の物足りなさを感じさせるが…。




 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
シーバスリーガルといえばオールドパーと並んで、学生や駆け出しの社会人の時はあこがれの一品。いつかはこいつを飲んでやるんだ・・・等と思いつつ、いつの間にか日本酒党に・・・そちらの方にお金を使うことが多くなり、まだこのあこがれを手にしたことはありません。あこがれはあこがれのままの方がいいのか・・・とも思いますが、こんな文章を読むと、ちょいと試してみたくなりますね・・・
三友亭主人
URL
2013/03/29 09:47
三友亭主人さん コメント有り難うございます。

老舗の酒なのでどんなもんだかと思ったのですが、ちょっとだけビターが強いところ以外、尖ったところのない大人しい酒でした。
でもこの金額を出すなら別のもの…と思わないこともないです。

実は東北支援のために石巻の酒屋さんから、宮城県限定の酒を購入いたしまして…。
後日レポートします。
Nori
2013/03/29 10:35
こんにちは! 多忙につき皆様を訪問するだけでいっぱいでした。やっとなんとか一段落ついた感じです。シーバス・リーガルは一時期常飲しておりました。バランスの取れた味わいで、大変飲みやすかったように覚えています。
ソーダで割るより、氷と一緒にするか、トゥワイス・アップでやるといい感じですね。近頃飲んでいなかったのですが、記事を拝見するとまた飲みたくなりました。
只野乙山
URL
2013/04/03 11:01
乙山先生 コメント有り難うございます。

おっしゃる通りロックかトワイスアップが良いような感じです。
あまり刺激的な部分が無いので、ストレートで飲んでも旨味を感じますよね。
アイラモルトになれているので、ほんの少し物足りないような感じがしますが、バランスの取れた良い酒だと思います。

ただこのあたりの値段設定だと、他にも魅力的な酒が…。
ちょっとリピートしにくいかなと思ってます。

Nori
2013/04/03 12:26
はじめまして。

シーバスリーガルのミズナラ12年っていうのがあるんですが、それもおすすめです。ソーダで割るのが旨いので邪道かもですが機会あればぜひ。
斉藤
2016/10/31 12:54
斉藤さん はじめまして。コメント有り難うございます。

返事が遅れまして申し訳ありません。
最近ようやく余裕が出来てきたのです。

シーバスのミズナラは良いですよねぇ。
最近値が上がって少々手を出しにくくはなりましたが、とても良い酒だと思います。実はこれも記事にしようと思っていたのですが、ブログに触れる余裕が無くて後回しになっています。

私もソーダ割りは最近よく飲みますよ。
食中酒にするにはソーダ割りはなかなか良いと思ってます。

何より自分が一番旨いと思っている飲み方で飲むのが一番ですよね。
Nori
2016/11/06 11:08

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
やさしく飲み応え シーバス・リーガル12年 この辺りの者でござる…/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる