この辺りの者でござる…

アクセスカウンタ

zoom RSS 山とか修羅場とか

<<   作成日時 : 2013/06/21 07:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

いつもながら仕事が忙しいと定期更新の時期を逃してしまう。
同じ事を繰り返すヤツの事を世間では何というかは判っている。
前もって準備しておけばいいモノを、キリキリの瀬戸際を楽しむ性格が災いして、こんな結果になってしまいました。

とはいえこの『やっちまった感』も結構癖になりそうである。
普段から奥様から受けている仕打ちから、こんな変な性癖を生じるに至った事は容易に想像できる。まあ山中鹿之助を結構好きだったりするから、元々素質があるのかも知れない。

それはさておき今回やっちまった原因は何かというと、仕事が忙しかった事に尽きる。
仕事以外の場でパソコンを触る気には全くならなかったのだ。
どちらかというと故意に極力避けていた。
職場での気分を家に持ち込みたくなかったというのが、正直な話である。
画像
この時期はどこの団体も四半期の決算の時期でもあるし、バタバタした経理締め括りの時期でもある。それこそ理事会や株主総会がそこここで行われていたりもする。
私の職場も例外ではなく、その書類作成に忙殺される時期なのだ。

この仕事を始めた時には財務諸表なんぞには全く無縁の世界にいた。
何故にそんな物か必要なのかも判っていなかった位に、ズブの素人状態からのスタートだったのだ。それでも慣れとは恐ろしいモノで、今は何の障害もなく書類を作成出来るようになっている。

だが完成させるまでが修羅場である事には違いは無い。
一日中パソコンと帳票のにらめっこに終始し、席を立つのはトイレか食事かプリンターに向かう時ぐらいで、目をつり上げ眉間にしわを寄せ周囲には「寄らば斬る」といった空気を漂わせる。

実はそこまで切羽詰まってはいなくて、パズルを組み立てたりクイズを解いたりするのと同じ位面白かったりするのだ。ただ集中を切らされたくないだけで。
まあ今までの経験により、駆使できる公式の引き出しが増えているから、初めてできる事でもあるのだが。
やってる張本人より周囲がピリピリしたりなのは面白い現象である。

書類作成が終わっても山を一つ越したに過ぎなくて、その後に待つ監査とか説明業務の方が大変なのだが、ここで全て終わった気になってしまうのが私の良いところである。

そう言いながら奇跡的にというか当然というか、今年は何の波乱も劇的な展開もなく終了したのは言うまでもない。
まあ場所によってリアルな修羅場が現出する事もあるらしいが、幸か不幸か私はそんな場面に遭遇した事は無い。伝え聞く株主総会や債権者集会ではそんな事もあるという。

そう言えば敬愛する長州の来島又兵衛さんは、財務官僚でありながら藩内の不平分子を糾合し、上洛に及んだあげくに蛤御門の変という修羅場を戦った。そして史書にも残る位に奮戦し、壮絶な最期を遂げた。

一方の気合いの抜けたオッサンは、静かにいつものカビ臭い仕事に戻るだけである。

何にしても山は越えた。
劇的なものは何もないが、無事これ貴人なり。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
何やら難しいことをやっていらっしゃるんですね。
まあ、お体だけは気を付けて・・・

そう言えば、私も今週は一本しか書いていないなあ・・・定期的にというわけではないんですが、週に最低2本は・・・と考えているのですが。

私の場合、仕事が忙しかったというわけではなく、何を書こうか思いつかなかっただけで・・・
三友亭主人
URL
2013/06/22 07:55
三友亭主人さん コメント有り難うございます。

二日ほどパソコンに触らない環境に居たもので、返事が遅くなってしまいました。
思い切り根を詰めた後は緩めてやらないと、後に引きずってしまうものですから、思い切りよく手を離して何も持たない時間を作るようにしてるのです。

まあ、仕事は大したことはしておりません。
この時期だけは数字との睨み合いに終始するのですが、慣れれば楽しくなったりしてます。

今は手のひらに何も無い状態で仕事に向かえるので、とても楽なものです。
少し酒の量が増えたのと、若干の寝不足の影響だけ残ってますが。

この2日間何をしていたのかは、後にご報告させて頂きます。
Nori
2013/06/23 13:33

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
山とか修羅場とか この辺りの者でござる…/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる