この辺りの者でござる…

アクセスカウンタ

zoom RSS なんとも勿体ない

<<   作成日時 : 2013/09/14 07:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

この間ブログで野蒜の事に触れた。
ただその時に野蒜の写真を載せていなかった事に後から気付き、あまりの不親切ぶりに自分でも呆れて、改めて野蒜について書かねば思った次第である。

日本では本来ネギやニラやニンニクなど匂いの強い野草をヒルと呼んだ。
これらを噛んだ時にヒリヒリと辛い事からヒルと名付けられたという説がある。
もっとも古来からこれらを採取して食用にしていたようで、古事記に応神天皇の歌として
 『いざ子ども 野蒜摘みに 蒜摘みに』
という一節が記載されている事からも馴染み深いものだったと伺える。
画像
古事記のみならず万葉集にも記載があるのだが、その道の大家である三友亭主人さんがおられるので詳細はお任せするという事で…。

他にも古事記・日本書紀記載の神話で日本武尊の東征の際にも登場する。
日本武尊が足柄坂に差し掛かった時に、通行の妨げとなっている悪い神が白鹿に姿を変えて現れた。その時に噛んでいた蒜を投げて邪神を退治したという。
場所は違うが長野の『昼神温泉』の地名もこの話に由来するらしい。
画像
要は古来からこの独特の匂いで邪神を払うと考えられていたようである。
確かに今でもニラ臭かったら邪神どころか周囲の人間もちょっと引いてしまうでしょう。
間違って草刈り機で刈った時とか花が満開になった時に、周囲に漂う匂いもそんな感じである。

と難しい話はここまで。ウチの周囲には野蒜が群生しているが、誰もそれを摘んで食卓にのせたという話はついぞ聞いた事がない。
つまりはこの地元の人たちは野蒜を食べない。
放っておけば他の雑草たちと同様に刈り払われてしまう運命にある。
なんと勿体ない。
画像
面白いというか当然の事なのだが、いつも刈られている場所のモノは細く背も低い。
だがウチの庭周りにあるものは根っこの近くから刈られる事がないので、背が高くて葉も厚いので何とか食用になりそうである。

奥様に内緒でコッソリ採ってきて韮雑炊でも作ってやろうかなと企んでいるのだが、匂いが匂いだけにバレてしまいそうなのでまだ実行はしていない。
ネットで食べた人の話を検索してみると、根っこの球根状のモノを酢味噌で食べるらしい。ニラのように葉っぱだけを食べる訳ではないようだ。
しかしそんな話を見るにつけ、いろいろと食べてみたくなるのが人情というものであろう。
だが待てよ…。
画像
考えてみればミョウガなどは生えている土の要素がストレートに味に出て来るじゃないか。
それならばウチの野蒜には犬の匂いがする恐れがある。
なにしろそこはお犬様の散歩コースであるのみならず、そこの周囲でコロコロと遊ぶ事もあるからだ。
時には用を足したりする事もあるかも…。

洗えば何とかなるかも知れないが、ちょっと気が引けているのはそんな事も手伝っている。

でも何か勿体ないような気がして、いつも眺めながら色々とは考えてはいるのだけれど。



〈後日になって〉
他の方々からご指摘を受け、この写真は『ニラ』であることが判明いたしました。
奥様のカラー図鑑も存外当てにならないと言うことも判明いたし、汗顔至極であります。

真面目に記事を書いてもどこかで落ちがついてしまうのは、何とも私らしい話なのですが…







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
我が家の裏庭にもいつの間にか韮が自生し始めたのですが、何時の頃からか、大和ではあちらこちらに自生する韮が目につき始め・・・
あるいは今までも生えていたのに気が付かなかっただけなのかもしれませんが、本当に目がつくようになりました。

我が家の裏庭のものはときおり薬味が足りないなと思ったときにちょっとちぎっては利用しているのですが、そこいら当たりの野辺のやつは・・・ちょいと怖いですね。
三友亭主人
URL
2013/09/15 09:46
三友亭主人さん コメント有り難うございます。

この写真を撮った時にはまだ蕾だったのですが、今は花が満開となって芳しき?香りが漂っております。
道端で見かける度に「いつか喰ってやろう」と思うのですが、記事にある通り採取する場所を厳選しないといけないので、未だ実行しておりません。

それと現在は奥様が怪我の療養中でずっと家におりますので、隠密行動がとれない状況でもあります。

時期を見て食べてみたレポートをしてみたいと思います。
Nori
2013/09/15 10:54
こんにちは! 野蒜の花だけ見るとわかりにくいですが、下のほうに生えている葉(?)の部分はまさに「ニラ」ですよね。草刈りガマで刈り取って、豚肉ともやしと一緒に炒めてやりたくなりますが、さて味のほうはどうなんでしょうね?
野生のニラ(の仲間)だとしたら、けっこういけそうな気もするのですが、やはりちょっと引いてしまいます。写真を拝見すると、そのような草が生えているのに気付きそうなものなのですが、なかなか近所で発見できずにいます。
只野乙山
URL
2013/09/16 08:39
乙山先生 コメント有り難うございます。

葉っぱを見てるとまんまニラなので、こっそり刈り取って食べてみようと常に思ってます。
葉っぱをちぎって匂いを嗅いでみてもニラと同じなので、食べてもいけそうな感じがしております。

試しにインスタントラーメンの中に放り込んで、塩梅を見てから本格的に使ってみようかなと…
買ってきたニラよりも若干匂いが強そうな感じもしますが、近日中に毒味をして記事にするつもりです。

今後更新が大幅に遅れている時には「きっと当たったんだなと」考えて頂ければ良いかも知れません。

一か八か…
Nori
2013/09/16 11:44

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
なんとも勿体ない この辺りの者でござる…/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる