この辺りの者でござる…

アクセスカウンタ

zoom RSS 確かに煙いけれど モンデ ローヤルクリスタル

<<   作成日時 : 2013/10/20 07:00   >>

驚いた ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 8

定期的に更新していたウィスキーの記事を1回パスした。
忙しくて酒屋に行けなかった訳じゃない。買おうか買うまいか迷った酒があって、迷った挙げ句に入手が遅れたことに起因する。

では何故に迷ったか?
以前から通販サイトの『購入する』という自爆ボタンを無意識(無自覚?)に押してしまう性癖があって、何時も自制するのが常だったせいかも知れない。今回はそれに加えて対象商品が余りに迷いを呼ぶものだったからだ。ホントの一か八かの丁半博打だと…。

酷い言い方をしているが何時も覗いている酒屋のサイトに気になる酒があって、一度シャレで飲んでみようかと思っていたのだけれど、実行する機会というか心の余裕というか小遣いが無かった為に延び延びになっていたのだ。
それが山梨のワイナリーであるモンデ酒造さんが造っているこの酒だった。
画像
何しろ売り文句には「10年以上熟成させたモルトウイスキーとグレーンウイスキーをブレンドしたスコッチタイプのウイスキー。ピート香とバニラのような甘い香り、深みのある色調、ドライで力強い個性的な仕上がりです。」とある。
これを読む限り一度飲んで損はない気がするではないか。

見た目は凄く特徴的なボトルである。
良く古い洋画で出てくるホテルのベッドルームとかに有りがちな形。007なんかでショーン・コネリーが飲んでたっぽい形である。ちょっと高級そうな感じはする。で、噂によると元々ワイナリーだからブドウの房をイメージしてのことであるらしい。

開栓してグラスに注ぐ。色は濃い琥珀色というか褐色。
グラスから香りを確認する。濃密なピート香。このあたりはビッグ・ピートと似た感じはする。ただ少し焦げたゴムや皮革製品の印象もある。炭っぽくはないな。
一口含んで遊ばせる。まず燻煙香が先に立つ。甘さを感じ始める付近から皮革製品の匂い。ちょっと不快。甘さの膨らみはそう大きくなく、刺激は強め。揮発性の高さを痛いほど感じる。飲み込んだ後の余韻も甘さとスパイスと煙、そして苦み。売り文句にあるようなバニラ香は煙の陰に隠れている。
結構飲み進めないと感じられない。

若干加水して様子を見る。あまり印象は変わらない。確かに甘みの山と同時に甘い匂いもくる。ただ何時もなら甘みの周囲にある色々な香りや旨味を感じられるところだが、この酒のコクは薄く甘みが柔らかくなった分だけ余計に革製品やゴムを感じてしまう。
ただ揮発性の高さは紛れていく。

この匂いの原因は何かといえば、2度目の蒸留の際に発生する『余溜香』に違いない。
だが余溜香というものは樽の中で芳香にやんわりと変化するものなのだけれど、樽によってはそのまま残ったりするものなのだ。「10年以上熟成させた云々」とあるのが本当なら、使っている樽のせいなのかなと…。

噂ではモンデ酒造さんは蒸留所の看板を上げていて、実際単式蒸留器を所有しているらしい。でもそれはブランデー専用の蒸留器であって、モルトはスコットランドから仕入れたものだと言う話だ。
確かに香りから察するにアイラ島のモルトっぽい感じはする。でも余り潮っぽくないから違うかも知れない。
どっちなんだよ。

ただ言えることは、ニュースピリッツを買い付けて熟成の後に瓶詰めする『ボトラーズもの』に近い感じがするということだ。それを安価で体験したい人には良いかも知れない。

禁じ手なのだろうがピート香つながりで『ピュアモルト・ホワイト』と飲み比べてみた。
するとピュアモルトというのは、なんと穏やかで複雑で芳醇な良い酒だと感じる。

「そりゃ反則だろう」という意見もございましょうが、嘘偽りのない正直な感想でございます。





モンデ ロイヤルクリスタル ウイスキー40度 720ml[ローヤル][ウイスキー][ブレンデッド][国産][モンデ酒造][山梨県]
リカマン
※ワイン・洋酒など、ボトル商品(750ml未満)と同梱可能。合計12本まで1個口でお届けできます。


楽天市場 by モンデ ロイヤルクリスタル ウイスキー40度 720ml[ローヤル][ウイスキー][ブレンデッド][国産][モンデ酒造][山梨県] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
驚いた 驚いた
面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは! おっ〈モンデローヤル・クリスタル〉ですね。じつはこのウィスキー、乙山も購入して飲んでみたのです。飲んだ瞬間、なんだこの強烈な煙臭さは! と思って、しばらくそのままにしておいて、ついうっかり存在を忘れられてしまうという、ちょっとかわいそうなウィスキーです。

そのうち記事にしようと思っていたのですが、どうしても進んで飲む気が起らず、他に何も飲むものがない時の緊急用として保存されている状態です。一応「日本」の物として販売されている中で、最もへヴィー・ピートなのがこれでしょう。おそらく若い段階で樽買いして、保存熟成、それをブレンドしているのでしょうね。
只野乙山
URL
2013/10/20 22:02
乙山先生 コメント有り難うございます。

ああ、やはりもうこの酒を持っておられましたか。
記事を書く時に被ってしまうのではないかと危惧しておりましたが、先走ってしまいまして申し訳ありません。
何時も乙山先生が色々な酒に挑戦されているのを拝見して、私もちょっと真似してみようかなと思ったのです。

見た目と売り文句は良かったのですが、飲んでみて外見と余りに違っているのに戸惑いました。
見た目はブランデーみたいなんですけどね…。

私も飲みきれるかどうか定かではありませんが、ピート香つながりで家にあるラフロイグやボウモアと飲み比べるのに引っ張り出しています。

他の酒の味の深さを知るには丁度良いかなと。
Nori
2013/10/21 08:35
これはこれは、全くのお初ですね・・・

それにしても立派な瓶・・・

ということで思い出したのが、うちのオヤジ。もらったレミーのバカラボトルをいつまでも大事にとっておいて、それに安物のブラディーを入れては客に飲ませていました。
三友亭主人
URL
2013/10/21 23:18
三友亭主人さん コメント有り難うございます。

なかなか良いボトルでしょ。
でも中身は結構クセの強い酒で、誰にでもお勧め出来るものではありませんでした。

でも結構綺麗なボトルなので飲み切った後で、デキャンタとして使ってみようかなと。

ただキッチリ飲みきるまでにかなりの時間を要しそうな気はしております。
Nori
2013/10/22 10:23
う〜〜む。しかしまあ、ワインのソムリエのように
よくここまで酒を分析できますね。
僕なんか

うむ、この酒は美味い。
とっても美味い。
もう一杯。ぐびり。
後をひく美味さ。
うむ。酔ったな。


という感じのコメントになってしまうのだが……



根岸冬生
2013/10/22 13:43
根岸さん コメント有り難うございます。

いや〜ソムリエみたいに銘柄やら年代やら判別出来たりしません。
ただ風味とか漠然と判る程度で、一番は自分好みの酒かどうかというだけの事です。
単に旨いものを口にしたいというプリミティブな動機で、あれやこれや飲んでいるだけですよ。
ただ、それにしては講釈が長いような気もしますが…。

良い酒を飲めば楽しくなりますし、不味かったら楽しくないからそれぞれに能弁になるのかも知れません。

言葉が見つからない位に旨い酒に出会ったら、ブログにも『うまい』と一言だけ書いて、しばらく記事を書くのを止めて飲み続けるような…。
Nori
2013/10/22 19:08
私も地区の旅行で、モンデ酒に2回も行きました。
観光コースになっているようで、工場見学や試飲が楽しめます。このときこのウイスキーを買った。
今はドンキーで買って飲んでいます。
味は普通と思いますが、味よりボトル代じゃないかな?
千円以内なら「富士山麓」とか少し前まであった「オークマスター」とか味・金額的にも良いと思います。

かわせみ
URL
2014/10/24 21:27
かわせみさん はじめまして。コメント有り難うございます。

アイラモルトを好んで飲む人達には、安価で特徴的な酒が飲めるので良いとは思います。ただ強いピートの香りに慣れていない人には辛いかも知れませんが。

私も悪くない酒だとは思いますが、もう少し余溜香が丸くなっていたら…とすこし惜しい感じがします。
まあ金額的には申し分のないところではあります。

色々な味がする良い酒ではあるんですけどね。
Nori
2014/10/25 09:18

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
確かに煙いけれど モンデ ローヤルクリスタル この辺りの者でござる…/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる