この辺りの者でござる…

アクセスカウンタ

zoom RSS 酔うためか味わうためか  クレイモア

<<   作成日時 : 2013/11/22 07:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 23 / トラックバック 0 / コメント 14

最近何も抵抗を覚えなくなった。
一昔前の女優のように脱ぐのに抵抗があるや否やの話ではない。それは安価なウイスキーをレジに持って行く時、店員さんから「こいつ酒飲みとして終わってるな」と思われるのがもの凄く嫌だったのだ。
だがそれも平気になりつつある。
当たり前の話だけど、高い酒ばかり飲む余裕は全くない。でもそんな理由からだけでなく、時折アルコールの刺激の強い1000円台のスコッチを飲みたくなったりするのだ。
丁半博打は案外と癖になってしまうのかも知れない。

という訳で今回は以前から気になっていたクレイモアを買ってみた。
いつものスーパーで900円ちょっと。安さが爆発するほどではないが、品質を疑える程度の価格にはなっている。
画像
話によれば発売元のA・ファーガソン社というのはホワイト&マッカイ社の傘下企業であるらしい。ホワイト&マッカイ社の酒は安価なものでも味に定評があるようなので、少しだけだけど安心感みたいなものはある。
噂ではスタンダードからプレミアムまでモルト風味が豊かで、伝統的な味わいのスコッチを出しているという。なかなか店先では見かけないが、15年ものは17年以上熟成の厳選されたモルト原酒をブレンドしてあるらしく、このノンエイジでも8年程度の原酒を使っているという話なのだ。

クレイモアというブランド名は両手で持つ大振りの刀の事を指す。映画なんぞで見る『ハイランダー』が持っている様な大刀だそうな。

ちなみに輸入元である明治屋のHPを開いてみたが、この酒はラインナップの中に見つける事はできなかった。それが何故か船舶事業部の商品紹介の中にあった。と言うことは客船を始めタンカーなどの輸送船にも納入しているのかも知れない。それともスコットランドからの舶載品だったのか…。
元船乗りに憧れた人間としては妙に興味が湧いてくるところではある。

色は絵に描いたような琥珀色。香りは若いアルコールの匂いとピート。派手な香りではない。口に含むと先ず甘さが先に立つ。甘味の山は高い。普通は甘さの山からコクの部分に変化してくるはずなのだけれど、この酒は挙動が非常にゆっくりしている。つまり何時までも甘い。甘さには芳香が伴わず、言ってみれば砂糖みたいな甘さ。
その後揮発性の高さを感じさせるスパイス。これも甘さを引きずった刺激。ビターは余り感じない。

いつもより少し多めに加水してみる。甘味のクドさは軽減される。だがコクの部分はより良く感じることができる。そして加水して暫くするとカラメル様とドライフルーツの様な甘い香りも立ってくる。甘さの終わりには焦げた砂糖の風味が感じられる。後味は甘さとスパイスが舌に残り、芳香を感じる事は出来ない。若いアルコールは感じるが…。
画像
これも噂の話なのだが、裏ラベルにはカラメル着色が明記してあるという。気になった事は確認せずにはおかないつまらない性癖は、こんな場合でもムクムクと起き上がってくる。
と言う事でラベルを隅から隅まで調べてみると、有った有った。
でもそれがどうしたと言うレベルの話であるが。

元々1000円スコッチの愛好者は味と値段を秤にかけて、若干ながら値段に重きをおいている人たちが多いのではないだろうか。
でもこの酒は値段と味の天秤で言えば、若干味わいの方に振っている感じはする。

ゆっくり味わって飲むというレベルではないが、ただ単に酔いたいから飲むと言うのも勿体ない気がする。とは言っても元々の価格が価格だから、変な理屈を付けずに黙って飲んでみるのが良い様な。

旨いと思うか、甘すぎて不味いと思うか。結構好き嫌いがハッキリ分かれる酒かも知れない。

斯く言う私はそれほど悪い酒とは思わない。
値段よりは少しだけ上質な酒なんじゃないだろうか。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 23
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い
かわいい

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは! 〈クレイモア〉は近所の某スーパーマーケットでも見かけたような気がします。あまり安いとつい敬遠してバランタインのファイネストとかホワイトホースをつかんでしまいそうになりますね。
カラメル着色を明記しているのは立派じゃありませんか。J&Bのような色がたぶん本来の色で、すくなからぬ業者がカラメル着色をしているはずです。当たり前のことなので、わざわざ断りを入れる必要もないだろう、ということかもしれませんね。
クレイモア、今度飲んでみようと思います。
只野乙山
URL
2013/11/22 11:15
>酔うためか味わうためか  

薬として効く酒を……
最近、飲みすぎると心臓がチクチクするので。
根岸冬生
URL
2013/11/22 15:02
乙山先生 コメント有り難うございます。

うーんお金に少し余裕があればバランタインかホワイトホースを買った方が良いかもしれません。以前仰有っていた様に若い酒のキックバックが面白いと言う方には良いかもしれませんが、香りの方を求めると肩すかしを喰います。


カラメル添加は風味だけで味の方に影響を及ぼしてはいないと思いますが、結構甘さが舌に残ってきます。
コクの方も感じられますが、味の厚みは値段なりのものだと思います。

安いので試しに飲んでみるのも良いかもしれません。
ホントに値段よりちょっとだけ上質ですから。
Nori
2013/11/22 20:41
根岸さん コメント有り難うございます。

ブログの方を拝見しましたが、やはり無理をされない方が良い様ですね。呉々もご自愛専一に。

ちなみに薬効成分のある酒は色々とありますが、旨いものではないようですよ。確かに漢方薬とかマムシとかハブとか漬け込んであるのは効きそうですけど、美味しそうな感じは皆無ですよね。

私も最近は酔うための酒より旨い酒を…と思ってます。
経済力が付いて行かないんですけど。
Nori
2013/11/22 20:49
 あ、これ今年買って飲みましたよ。値段は千円どころか、たしか890円ほどだったように記憶しております。

 クレイモアのほかにも800円台ウィスキーというのがいくつかあって、二三飲んでみました。肝心の味はよく覚えていませんが(笑)、いずれもちょっとツンとするところ、つまりNoriさんのおっしゃる「若いアルコールの匂い」を強めに感じました。

 ラベルのデザインを見ても思うのですが、ホワイトホースあたりとはわざとちょっぴりランクを落とし、差別化して販売しているのではないでしょうか。まあ、それもまたよし。現地の裕福ではないおじさんが楽しんで飲んでいるとすれば結構な話です。

 なお日本の船乗りはかなり高級な酒を飲んでいますよ。なにしろ免税で買えますから。
薄氷堂
URL
2013/11/23 21:17
薄氷堂さん コメント有り難うございます。

おお、この酒をもうお飲みになっていたとは、かなりの手練れと拝察致しました。
最近のスーパーなんかでもごく普通に色々と並べてあって、試しに飲んでみようと思うことが有りますよね。大体がアルコールのダイレクトな味わいのものが多いんですけど。

スコットランド本国で一番売れているのが、日本で1000円代で売っている銘柄みたいですね。仰有るようにお小遣いに余裕のないおじさんたちが飲んでいるんではないでしょうか。

それと日本の船乗りたちが良い酒を飲んでいるのは判ります。
知人が中東航路のタンカーに乗っていまして、月々給料は船中で支払われるのでお金が貯まると言っていましたから。

それと私が内心ジョニーウォーカー贔屓なのは、過去にイギリス海軍の舶載品だったことが大きかったりするのです。
Nori
2013/11/24 10:57
クレイモアのブランド名ですが
basket hiltが付いているのが
ラベルで見ての通り

片手用刀剣です

ラフロイグが好きなんですが
クレイモアも
それなりに飲めるので
普段飲みには丁度良いですね


ウィスキー初心者
2014/09/06 02:21
ウィスキー初心者さん コメント有り難うございます。

こちらの方にもコメントを頂いていたのですね。
少し気づくのが遅れて申し訳ありません。

確かに仰有るようにラベルを見ると片手用の刀剣の様ですね。私はこちらの方面が少々苦手でして、教えて頂いて腑に落ちた次第です。
何にしろ詳しい方に教わるのが一番かと。

クレイモアは安価な割にウィスキーを飲んでいる感覚がちゃんとあって、仰有るように普段飲みには良い酒なんじゃないかと思います。
しかしラフロイグがお好きだというと、決してウィスキー初心者ではないような気がします。
結構好き嫌いのはっきり分かれる酒ですから。
Nori
2014/09/06 17:38
先日は早いレスを恐縮でした。
これ、度々リカーブースで目にするけど、1000円代のウイスキーは皆さん仰るように他のものを選びますネー。
そう言えば西洋の剣繋がりで、一昔よりも前に「エクスカリバー」というスコッチを呑んだことがあります。馴染みの酒屋の親父に薦められて買わされたんだけど、決して安くないことは覚えているのですが味のことは記憶の彼方です・・・。

「アーサー王と円卓の騎士」を読みながら嘗めると味わいひとしおかも知れません。こちらの方は割合覚えているものでry

つっち
2015/04/03 12:26
つっちさん コメント有り難うございます。

長い事ブログをお休みにしていましたが、ようやく少しずつ仕事が片付きつつありますので、更新をしていけそうな気配になってます。

さて、この酒ですけど仰有るように自ら進んで購入に至るケースは少ないかもしれません。1000円台のスコッチでは定評のある酒を手にするのが常でしょうし、このクラスの酒を好んでいる方は余り浮気はしないようです。

他の1000円スコッチとは傾向が変わっているので、評価が大きく分かれるのだと思います。
私だったらジョニ赤かバランタインかデュワーズなんかを選びそうです。

『エクスカリバー』とはこれまた希少な酒ですね。決して安くなかった事は想像出来ます。
機会があれば飲んでみたいですね。
Nori
2015/04/04 11:08
 クレイモアでヒットしてきました…
 マッカランでやられて飲んでましたが、ラフロイグの癖に嵌ってスコッチ街道まっしぐらです…
 近所の井筒屋というデパートで\1000で見つけてデイリーで飲んでいます!甘いですが癖がないので良かとです…
 出来れば、シーバスクラスが飲めればいいのですが予算オーバーでクレイモア…楽しんでいます!
スロージャム
2016/06/30 21:21
スロージャムさん はじめまして。コメント有り難うございます。

スコッチは結構敷居が高くて手を出さない人が大多数ですが、国産ウィスキーに物足りなくなってスコッチにハマる人も結構居るようですよ。
斯く言うこの私がその典型なんだろうと思います。

いずれにしてもテレビドラマからこの方、原酒不足になるくらいのブームで値段も高くなりました。
そんなこんなで1000円スコッチを飲む方も増えているのだろうと思います。

仰有る様にシーバスクラスの酒を常飲出来ればいいのですが、なかなか難しいですよね。なので私は色々と楽しみながら試している状態です。
この酒も1000円程度で入手出来る酒の中では、結構いい線を行っている酒だと思います。

機会が有りましたらジョニ赤やベルも試してやって下さい。
これらもなかなか良い酒だと思いますよ。
Nori
2016/07/01 09:10
ゆっくり味わって飲むというレベルではないが、ただ単に酔いたいから飲むと言うのも勿体ない気がする。とは言っても元々の価格が価格だから、変な理屈を付けずに黙って飲んでみるのが良い様な

このフレーズにこのお酒が凝縮されている気がしました。
このウィスキーのコメントとしてぴったりと思います。
後は飲む側が良しとするか、物足りないとするか…
日本 のウィスキーに近いのでしょうかね。
癖も無いが特徴も難しい…典型的なブレンデッドウィスキーかも
フェルメール
2016/12/20 21:12
フェルメールさん コメント有り難うございます。

費用対効果という観点から見ると、この酒はそう悪い酒では無いと思います。店によっては1000円未満で買える酒ですが、そう馬鹿にしてものではない程度の品質はありますね。

たまには高価な酒を飲みたいけど普段飲みにはお金を使えないという方には良い酒だと思います。そして普段飲みに使っても特段の不満もない酒だと思います。
何しろ最近は全てのウィスキーというウィスキーは値段が上がっていて、特にジャパニーズウィスキーには手を出し難くなっていていますから。

ただスコッチのクセを愛する人達や、樽の風味が強い酒を好む方にとっては物足りなさを感じてしまうでしょうねえ。
この値段で買える酒の中では…という限定条件では決して悪い酒ではないと思います。
Nori
2016/12/20 21:59

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
酔うためか味わうためか  クレイモア この辺りの者でござる…/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる