この辺りの者でござる…

アクセスカウンタ

zoom RSS 葛藤しすぎて手が滑る

<<   作成日時 : 2013/12/19 07:00   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 8

漢(おとこ)というものは常に自分が愛情を注げるものを探している。
それは女性に対しても当然だが、持ち物に対しての執着には強いものがある。
車であったり時計であったり、カメラや電子機器であることも多い。

注ぐのは愛情だけではなくて、お金や時間も惜しみなく注ぎ込む事に何の躊躇もないのは私だけではないはずだ。
結婚して多少の手心は加える様になったとしてもだ。

そんな訳でレンズが欲しくなったのである。
最初は70〜300oのズームがオールドレンズであるために描写に甘いところがあり、デジタル写真に特化していて且つ手ブレ補正機能付きのものが欲しくなった。だが実際に山に入って色々撮影しているうちに、別の不満が露見してきたのであった。
画像
今使っている標準ズームが17〜50oという広角側に振ったものであるが故に、望遠ズームのワイド側70oとの間にブランクが出来てしまっているのだ。
最初そんなものは足で近寄って稼げは良いとか思っていたが、実際に近づけない時には如何ともしがたいものがある。

遠いから望遠を…と思ってレンズを交換してみると、今度はいきなり近すぎるなんてことが頻発するのである。
だったら望遠レンズを50oからのものにするか、そのブランクを埋めるレンズを入手するかの二者択一しかない。
ところが50oからのズームだとテレ側が250oという半端なものとなり、且つレンズキットについてくる様な安物しかない。これだったら新調する意味がない。

と言うことはブランクを埋めるズームを買うという一択になる。
その中で50〜70oなどという半端極まりないレンズは存在する訳もなく、28o辺りから75o位のものが適当だろうという結論が導き出される訳だ。そして当然明るいレンズを…。

で、色々調べた中からTAMRONのSP AF28-75 F2.8というレンズがピックアップされた訳である。
まあキャノン純正で同じようなレンズもあるにはあるが、値段が3倍から4倍もしてしまう。いくら自爆好きでも経済的限界というものがあるのだ。無い袖は振れん。

ということで、いつもの通販サイトとの睨み合いが続いていた時のことである。
ふと考えれば今のカメラバッグでは交換用レンズが1本しか入らない。だったら元々窮屈だったから、広めのバッグを買ってレンズ3本体制で臨むのがベストであろうと。
画像
気が付いたらこのタムラック3446というバッグの自爆スイッチをポチッと押していた。ごく自然に、反射的に。
手が滑ったという表現が一番しっくりくる感じだった。

後になって「じゃあレンズのブランクはどうするんだよ」と冷静な心の声に、一瞬「あっ」と絶句してしまった。早まったか。が、『我、事において後悔せず』である。
今冬眠している28〜105oを引っ張り出せば何とかなる。間違ってねえぜ俺は。と結論を導き出した。

そもそもタムラックのバックとは縁があって、カメラ3台体制の時からの付き合いがある。
何と言っても一緒に美瑛の丘や上高地を彷徨った友でもある。

というかバッグの堅牢性には定評のある会社だから選んだのです。

伊達に自爆ばかりしている訳では無いのだ。







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
う〜ん。あぶねえ〜。
実は、カメラバッグ、とっても興味あります。
早速、価格の比較をして、これかあ。いいじゃん。
と思って、危うく一緒に引き込まれるところでした。
しかも、僕の体の大きさからしたら3447でどうだ、
まで考えてしまいました。
ほしいなあ。
根岸冬生
URL
2013/12/20 13:18
根岸さん コメント有り難うございます。

これは余りカメラバック然としていないのが、なかなか良いでしょう。
用品メーカーのものは見た目「カメラバックだぜ」と主張しているものが多くて、前のものも『バンガード シドニー18』というらしくないものを使っておりました。

まあそこまで自制しなくても、自爆したい時にはしておかないと健康に悪いですよ。
私の場合は自爆金額が多いとあとからじわじわとストレスがやってきますが。
Nori
2013/12/20 16:16
こんにちは! タムラックというのは初めて知りました。というか、カメラバッグを持ったことがない人間としては知らぬのも当然、ということでしょうか。
お選びのバッグ、色合いがいいですね。ショルダーバッグを買うなら、こんな風合いが欲しいと思っていたんです。
只野乙山
URL
2013/12/21 09:37
乙山先生 コメント有り難うございます。

いつもカメラだけを入れる訳ではなくて、財布とか身の回りの品を入れて持ち歩く為のものです。
だから余り「カメラ持ってるぜ」という感じのものじゃない方が良かったりする訳で。

時にはカメラを入れずに持ち歩くこともあるので、形とか色とか考えてつもりなんですけどね。

買う前はかなり色々と計算してスタンバイするんですけど、『購入する』ボタンを押すのはちょっとしたタイミングだったりしますね。
Nori
2013/12/21 14:45
 Nikon用のTAMRON SP AF28-75 F2.8 を持っている男です。最近さっぱり使っていませんけど、お値段の割にはたいへん高性能だと思います。

 専用のカメラバッグはあるけれど使っていません。ごくふつうの安物の黒いバッグで、お値段は千円そこそこ(笑)。ケチっているわけではなく、中にカメラが入っているとは絶対に気づかれないので、町歩きには最適なのです。特に一眼レフは兵隊の鉄砲みたいに目立ちますからね。

 最近は野原以外では一眼レフを持ち歩くのもいやになり、せいぜいオリンパスの小型カメラ(俗称ミラーレフ)か、それでも目立つのでごくごく普及品のコンパクトデジカメを愛用しています。

 だんだん(金もないけど)物欲がなくなってきました。どうやらお迎えが近いようです(笑)。
薄氷堂
URL
2013/12/21 21:27
なかなかいいバッグですね。自爆しちゃうのもわかりそうな気がします。まあ、私のものの様なカメラではこんなバッグは不必要ですから大丈夫ですが・・・

ところで、例のマルスウイスキー・・・買いましたよ。3&7ってやつです。
1000円をちょいと越してしまうんですが、かなり、気に入りました。
三友亭主人
URL
2013/12/21 21:45
薄氷堂さん コメント有り難うございます。

おお、このレンズを持っておられるということは、かなりの使い手と拝察致しました。一般人はなかなか全段F2.8なんてレンズは持ちませんから。
多分ポートレート用のレンズとして色々な美人を…。

一眼レフを持ち歩くのは、確かに目立ちますよねぇ。
ですからこれ見よがしにならない様にと、目立たないバッグを選んでしまうのです。

それでもカメラを持ち込むのも憚られる様な場所だと、子供にくれてやったコンパクトデジカメを召し上げて使います。

最近は携帯なんかでも結構な写真が撮れるので、これ見よがしに一眼レフなんかを持ち歩くのは、少しばかり恥ずかしい気がするもので。
Nori
2013/12/21 23:35
三友亭主人さん コメント有り難うございます。

おお、マルスを入手されたのですね。
3&7は以前乙山先生も記事にされていますけど、なかなか良い酒だと思いますよ。
一時期『地ウィスキー』が流行った時に、ちゃんとウィスキーになっていたものは案外少なかったんですが、本坊酒造の酒は以前からちゃんと綺麗に出来上がっている様です。

私はまだ新しい酒を入手出来ていませんが、次の候補はマルスにしようかなぁ…とか考えています。
その前に以前から飲んでる酒を、改めてゆっくりと味わっているところなのです。
Nori
2013/12/21 23:55

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
葛藤しすぎて手が滑る この辺りの者でござる…/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる