この辺りの者でござる…

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本人の好みとは ホワイトホース12年

<<   作成日時 : 2014/02/07 07:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 14

この間からの祈願断ちは一旦解けた。
明日からまた祈願断ちを再開する前に、以前から気になっていた酒を飲むことにした。
まあそんな大した酒でもなく、何時もニッカを入手する酒屋の片隅に置いてあったものだ。

以前サントリーローヤルの記事で書いた事だが、サントリーの考える日本人好みの味とは穏やかで舌触りが良く且つ香りが高いものらしい。
対してニッカは本場のスコッチの良さは日本人にも判る筈だという信念があり、スコッチから一歩踏み出した日本人好みの味を探求している様である。
画像
何故こんな話をしているかというと最早周知の事だとは思うが、このホワイトホースの12年というのは日本市場向けに開発された酒なのだ。つまりディアジオ・キリンの考える『日本人好み』とはどういったものかは判るはず。
ということで興味津々だった訳だ。

以前飲んだ『ファインオールド』はちゃんとスコッチの香りのする酒だったが、12年ものは日本人向けという事で徒に華やかで口当たりの良いものになっていたら少々幻滅だと思っていた。
とはいえメインモルトはラガヴーリンだし、まかり間違っても外れはないだろうと。

色は綺麗な琥珀色。香りは甘い中にもちゃんとピートの匂い。木質性の香りの中に少し若めの酒の匂いも少々。
飲み口はフルーツ系の甘さが先ず来る。甘さは比較的早めに山を登り始めて、頂上近くでビターを感じ始める。樽からの風味であることを連想出来る苦みと香り。結構上質である。
スパイスは案外おとなしい。ショウガ風味ではあるが結構あっさりしている。
余韻は長くバニラ風も感じるが、大半は樽由来の芳香。
とても良い感じ。

若干加水して様子を見る。味の変化がゆっくりと判る。
甘さがビターを伴うとリコリスの風味に変わる。焙煎した麦の味。ファインオールドでは結構麦の風味があったけど、これはしっかり焙煎した感じがある。
12年の熟成期間によって、しっかり樽の芳香が感じられる様になっている。
後口も非常に木質性の芳香が気持ちいい。加水するとスパイスも柔らかくなって良い感じである。
画像

考えてみればファインオールドとの価格差から見ても、値段より随分上質な感じのする味わいである。とても良い酒。
ただ若干味の厚みが薄い感じがするのが残念な部分ではある。

この酒は結構スコッチを感じる性格ながら、口当たりや穏やかさにも配慮されている。
確かに口当たりや穏やかさという部分ではローヤルの方が上かも知れない。
でもスコッチを飲む人間達はそれぞれの酒のクセを楽しんでいて、穏やかで口当たりの良い酒ばかり好んでいるのではない。

私の個人的な意見を言えば、穏やかで時には食中酒にも出来るという酒よりも、スタンドアローンで飲んで満足感のある酒の方を好む。
これってそんなに少数派なのだろうか…。

そんな訳でこの酒は食事と切り離して単独で楽しむ方が合っている様に思う。

まあ単純に言えば私好みの酒である。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
【ピート香の呪縛】
WH12年にスゴく興味深々なの
ですが、FOのまろやかメロウの
余韻の途中で唐突に主張する
ケミカルなピート香にビックリ
してから後、スコッチにビビっておる
有様ですが、この12年のピート香の
感じがスゴく気になっておりまして
どんな印象を貴方はお持ちですか…?
もしよろしければ貴方の感想をお聞かせ
ねがいますでしょうか、m(_ _)m



四の字硬目
2014/02/07 12:19
四の字硬目さん コメント有り難うございます。

ファインオールドよりも尖ったところが無く、ずっと穏やかで樽の香りのする酒ですよ。
ピート香はそれほど立っている訳ではありませんので、心配するには及ばないと思います。
ただ樽の木の香りがダメだという方には少し厳しいかも…。

実売価格の差があまり無いので、ファインオールドよりお買い得感はあるかも知れません。

日本市場向けのものなので、それほど尖った酒ではないと思います。
スコッチ入門用にはファインオールドより向いている気がしています。
Nori
2014/02/07 17:57
明確にお教え頂き
ありがとうございました。
わたくしはピート香自体は苦手ではなく、
(余市無印のピート香は大好きです)
たまたまFOが苦手みたいですが、
是非これを機会に12年を近日中に
飲んでみようかと思いました。
また後日レスしますね。m(_ _)m
四の字硬目
2014/02/07 21:33
四の字硬目さん コメント有り難うございます。

ノンエイジ余市が大丈夫なら、何も問題はないと思いますよ。
確かにファインオールドはクセがありますから、これが苦手な人には合わないかも知れませんね。

12年ものは安価ですが、クセの部分が丸くなっていると思いますのできっと大丈夫でしょう。
とはいえ私の個人的嗜好の事なので、違っていたらごめんなさい。

お飲みになった後のレポートを楽しみにしております。

Nori
2014/02/08 01:42
12年物はまだやったことはありませんが、このお酒は私もしばしば口にします。一番安いやつですがね・・・

結構好きですよ。あんまりかまえないでも楽しめるように思います。
三友亭主人
2014/02/08 17:38
三友亭主人さん コメント有り難うございます。

ファインオールドの方は1000円スコッチの中では、結構スコッチらしい酒ですよね。
でもあと500円程度出せば12年物が買えてしまうのです。
普通12年物なんかは倍くらいの値段がついてしまうのですが、まだ良心的な感じはしますね。

これも余り構えないで飲める12年物ですよ。
ただ他の銘柄の12年物と比べるとどうか…はまた別の話になりますが。
Nori
2014/02/09 11:44
こんにちは。〈ホワイトホース12年〉は以前飲んだことがあると思うのですが、どんな味だったかもう思い出せません。仰るようになかなかいいスコッチだったように思います。
これが〈日本人向け〉だとは知りませんでした。そういえば、シーヴァス・リーガルにも日本人向けのミズナラというのがあるそうで、とあるバーで匂いだけかがせてもらって感心したのです。あのロイヤル・ハウスホールドも日本人向けだという話を聞いたことがあります。
只野乙山
2014/02/09 21:34
乙山先生 コメント有り難うございます。

ロイヤルハウスホールドが日本向けだとは知りませんでした。確かに飲んだことがある方の話を聞くと、穏やかで尖ったところのない酒だと言ってましたね。

この酒は日本向けと言ってますけど、そこそこスコッチの風味が残っているものなので、そこいらにある『日本人のための酒だよ』と押しつけがましい酒よりは好印象だったりします。

食中酒として飲むならウィスキーじゃなくて、日本酒かワインかビールを飲みます。
「こんなのはどうですか?」と聞かれるのは良いのですが、「あんたはこれが好きだろう」と言われると「何で判るんだよ」と言いたくなるのが人情というものでは。

私がひねくれてるだけかも知れませんが。
Nori
2014/02/09 23:39
【WH12年頂きました】

お陰様でやっと咳と鼻の症状から
回復し、カレーやコーヒーも楽しめる
まともな嗅覚に戻りましたので、
早速昨晩はWH12年を購入し、
ジックリと味わってみました。
まずはロックでゴクリっ、
初めスパイシーでミルキーさと
華やかなフルーティ、ピート香の
構成も存在感も自然で、琥珀の残り香
がとても上品で納得です。
只、どうしても釈然しないカンジがあり、
これは多分、初体験の感動が無いことに気付き
よぉぉく己の記憶を辿ってゆくと…、
あっ、以前から数本飲んでいる
ロバートブラウンSPブレンドで、この
世界観を体験しているんだと思い出しました。
日本の同一蒸留所で製造ブレンド、ボトリング
している富士御殿場蒸留所のチャレンジ目標が
もしかしたらコレだったのかもしれません。
(あくまで私の私見でして平にご容赦を…。)
因みにWHはキリンが取り扱ってます。
多分これは、愛していればこそ なのかも
しれません。(^_^;)







四の字硬目
2014/02/18 17:54
【追求します】

ホワイト&マッカイもWH12年と
同じ世界観を感じますが、
もしかしたらこれはある、味わいの
ジャンルといいますか、ひとつの
カテゴリーがしれません。
一つ驚くべき確信があります。
このWH12年、ツマミ要らずで何時の間にか
ひたすらスムーズに無意識にドンドン
飲めてしまう事です。もう、ボトル1/3を
はるかに切りました。
やめられまへんぅ。o(^▽^)o
四の字硬目
2014/02/18 19:10
四の字硬目さん コメント有り難うございます。

おお12年を入手されたのですね。
サントリーとは違った部分の香りが立っている酒なので、正直オススメして良かったのか…と気にかけておりました。
初めて飲んだ気がしないのは、確かにキリンのウィスキーを飲んだ事があるからだと思います。

実は今キリンのウィスキーを飲んでおりまして、飲み比べて「ああ、こんな感じかな」という感想を持ちました。
樽の香りがするけど…という感触なのではないでしょうか。

まあ不味くて飲めないと言う事じゃなかったので、少し安心しました。
Nori
2014/02/18 19:35
女性がもし初めてスコッチに
チャレンジされるのでしたら、
WH12を オススメ しますね!
このウイスキーを
貴殿に教えて頂き嬉しい限りです。

所で今飲んでらっしゃるウイスキーは
なんですかねぇ〜?
気になりますっ、
また何時かレビューして頂けると
イイてすね 。m(_ _)m
四の字硬目
2014/02/18 20:36
四の字硬目さん 重ねてのコメント有り難うございます。

ホワイト&マッカイも独特の滑らかさのある酒ですよね。
確かに独特の風味があって旨い酒だと思います。
香りが高くてスムーズであまり重たくないという感じは、日本酒なんかでも淡麗な酒を飲んでいるのと同じく、ついつい飲み過ぎてしまいます。

それと加水してからしばらく放っておくと、ちょっと面白い変化をします。
一度お試しを。
Nori
2014/02/19 00:47
四の字硬目さん コメント有り難うございます。

私はいつも筆が遅くて返事が遅れがちになり、申し訳なく思っています。
最近はオリンピックを見ながら、酒を飲みつつパソコンに向かっている状態ですので。

といった訳で今飲んでいる酒の記事をUPしましたので、宜しかったら覗いてやって下さいまし。
Nori
2014/02/19 03:10

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
日本人の好みとは ホワイトホース12年 この辺りの者でござる…/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる