この辺りの者でござる…

アクセスカウンタ

zoom RSS 今年も桜が咲いた

<<   作成日時 : 2014/03/26 07:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

何時までも冬だと思っていたら、もう花の時期である。
ついこの間梅の花の写真を撮って「桜はまだか」と思っていたのに、近隣では山桜や枝垂れ桜が満開に近い状態になっている。ソメイヨシノはまだチラホラだが。
如何に世情に疎いオヤジでも花の時期には敏感の様だ。
という訳で早速ソソクサと写真を撮りに行った。因みにこの写真は今日現在のもの。
画像

この間の記事で何とはなく『サクラサク』という表現を使った。でもこれって元々は早稲田大学の合格通知電文だったらしい。
今のご時世はインターネットの普及やら携帯電話の普及やら、期日指定配達やらのお蔭で『電報を打つ』などということは滅多にしなくなった。時折祝電や弔電を打つ位のものである。以前は電報というのは結構迅速で有効な通信手段であった。よく昔のドラマでも「チチキトクスグカエレ」と書かれた電文を手にするというシーンを目にした人は多いと思う。

如何に少ない文字数で用件を伝えるか、というのが電文の肝であって、当時はそこに名文が生まれる素地があったと言える。だから単に『合格』と打つよりも、『サクラサク』の方が祝意が伝わって好ましい。まあこのあたりは日本的な事象といえる。
でも情緒的で良いじゃないですか。
画像

私が受験生の頃にはまだ合格通知電文は一般的であって、その学校独自の名文も数々生まれていた様である。
有名なところではお茶の水女子大の「オチャカオル(お茶薫る)」とかだが、高知大の「クジラガツレタ(鯨が釣れた)」などというのはスケールが大きくて良い。また秋田大の「ナマハゲカンゲイスル(なまはげ歓迎する)」というのも地方色豊かで面白い。

これも日本的な事で合格通知はストレートに表現出来るが、不合格の場合はどう言えばいいのか非常に気を遣うところであって、それぞれに色々と配慮している事が理解出来る。
多いのは「サイキヲキス(再起を期す)」というものだが、単に「次回の健闘を祈る」と言うよりは応援の気持ちがこもっている様に感じられる。

配慮しているのかどうか判りづらいのは三重大の「イセワンニテザショウス(伊勢湾にて座礁す)」とか、鹿児島大の「サクラジマフハツ(桜島不発)」だろう。
以前テレビで見た富山大の「波高し、越すに越されぬ親不知」というのは、五七五の句になっている事と地方色が表現されていて秀逸だと思う。
とは言えこれを貰っても決して嬉しくはないだろうが。
画像

自分の気持ちを限られた文字数で表現するなどは、昔から日本人の得意とするところであって、それこそ女性に思いを伝えるのにも一首の歌を以てした伝統がある。
ストレートな表現ではなく、やんわりと自分の心根を伝えるのに言葉を選ぶ。叙事詩的な表現だが充分に抒情的。なんとも素敵な事ではないだろうか。
対していま巷に溢れているメールやツイッターなどは、この様な情緒を生み出すものであるや否や?。
このオヤジには全く不明である。

などと徒然なるままに桜を愛でつつ思った。
これは心に余裕があるからこそ出来る事で、目をつり上げてジタバタしていると思いも纏まりませんわな。

と言う事で今年の桜の撮影の報告と、定期更新を一回飛ばしたお詫びをば…。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
このテーマは
なかなか高尚で深いですね〜、
もし、わたくしが宝くじで高額当選
なんてやらかしたら
「金のエンゼル ゲット」とでも
家族にメールすれば良いの
ですかね?(笑)

四の字硬目
2014/03/27 18:16
四の字硬目さん コメント有り難うございます。

決まった字数に思いを込めるというのは、結構難しいものだと思います。この電文というのはかなり文才を求められるものではないでしょうか。
これらは全て学生有志達が作った事を考えれば、昔の学生達の知識レベルが高かった事が窺い知れます。

私の学生の頃に友人と食事に行って『生姜焼定食』を頼んだとき、友人が『ナマショウガ』と言ったことがありました。
その後「俺たち何学部だっけ?」「文学部だな」という会話に、店員さんが腹を抱えて笑っていた事があります。
ちょっとレベルが違うなと。

因みに私が宝くじに当選したとしたら『サバクッテハライタイ(鯖喰って腹痛い)』と送ろうかなと。
まあ、当たったということなんですけどね。
Nori
2014/03/27 21:50

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
今年も桜が咲いた この辺りの者でござる…/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる