この辺りの者でござる…

アクセスカウンタ

zoom RSS 度々の酒浸り

<<   作成日時 : 2014/07/08 07:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

先月の月末に東京へ行った。
言うまでもない事ながら仕事での出張である。ついでに5月から1ヶ月の間悩み続けた役員会が無事終了した直後に、急いでそのまま空港に向かわねばならないというタイトなスタートだったのだ。そもそも無事に議事進行が出来るとは限らないのだから。

画像

当日バタバタはしたが事前の準備が整っていたお蔭で、これと言った混乱もなく粛々と議事が進み、無事に時間通り空港に辿り着く事が出来た。
だが東京での不順な天候のせいで飛行機の運行に遅れが出ていたようだった。そういえば前日に凄い雹(ひょう)が降ったみたいだし。
そのせいで心配性の奥様から「大きな傘を持っていけ」だの、「ホテルから余り出るな」とか「帰った時には真夜中でも連絡しなさい」とか細かく指示が出た。
奥様にしてみたら私が嵐の真ん中に飛び込んでいくと思ったに違いない。

羽田に到着した時に滑走路を見てみればカラカラに乾いていた。大きな傘なんて持ってこなくて良かった。聞けば多摩地区で局地的に雹が降っただけで、都心部には何の影響もなかったらしい。しかし最近の天気と女心は判らない。

ホテルに到着早々すぐに後輩に連絡を取って、何時もの『Barピートリーク』で待ち合わせをする。そしてバーカウンターに腰掛けて何時ものようにウィスキー三昧を。
今回一番の収穫だったのはマルスの駒ヶ岳10年が飲めた事。マルスには飲みたい酒が2つあって、岩井トラディショナルと駒ヶ岳が飲みたかったのだ。
そして白州12年がサントリーらしからぬ個性的な酒で、ちゃんとスコッチ様の酒も造れるんだな再認識した事。古い白州は別物ですな。高くて買えないけど。
画像

仕事の方は高級官僚と呼ばれる人達との会合を無事終え次の日の打合せを終えてから、大学の大先輩で同業者としても大先輩の方と赤坂の店で飲む事となった。実はこの時は大学の同級生とも飲むつもりで、事前に色々とリサーチして店の目星をつけていたのだ。
それは赤坂で北陸の魚を食べられて、銀嶺立山を始めとする富山の淡麗な酒を飲める店を選んだのだった。
その店の名は『海鮮山鮮』と言う。

黒作り何ぞをアテに銀嶺立山を飲む。富山ご当地でも無いようなインテリアの店で魚をつつくのも悪くない。大学の友人と大先輩を交えて暫し北陸三昧。旨い酒と旨い魚があれば交わした言葉が少なくても満足を得られる。
『食べログ』で見つけた店だったが、結構めっけもんだった。やはり人間の多い場所の競争率の高いところにある店というのは良い。
画像
氷見うどんで小腹を膨らましてから、大先輩行きつけのスナックに河岸を変えた。
で、そこで大先輩がキープされていたボトルというのがなんと『響17年』だったのだ。
自分では決して買えない酒であるからして、水割りなどではなくストレートを少し頂いてからロックで飲んだ。実に樽の香りの濃い旨い酒であった。サントリーがミドルクラスでやっている唯々スムーズな酒ではない。
とても良い経験だった。私にはこんな酒をキープ出来る経済力がないから…。

と言う事でカラオケで誰も知らない尾崎豊の曲の一つも歌って、大学の友達との会話もそこそこに神戸の須磨出身の店の女性と関西ネタで盛り上がったのだった。

オマケにママさんからゴルフ用のクールタオルまで頂戴して、東京出張での大きな山を終えたのだった。

次の日は以前にもご登場願った職場の元後輩と一緒に、東京国立博物館に出向いて『台湾故宮博物院』の特別展を見に行った。
今回は何とも贅沢な出張だった。今後二度とは無いだろうけど。

色々と今回もあったから詳細については後日書いてみようと思う。

蛇足ながら奥様が喜ぶ何時もの土産を買った事を報告します。
『芋ようかん』と『あんこ玉』を忘れたら、後でエラい目に遭ってしまうのだ。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
>『台湾故宮博物院』の特別展を見に行った。

そりゃあいいですね。うらやましい限りです。
東京が終わったら次は九州・・・関西が素通りなのがとても残念でなりません。

>赤坂で北陸の魚を食べられて、銀嶺立山を始めとする富山の淡麗な酒を飲める店

これまたうらやましい。そろそろ白エビのおいしい季節なのではないでしょうか・・・
実は最近奈良にも富山の魚を「立山」で飲める店を見つけまして・・・なんと、飲み放題のコースをたのんでも基本のお酒は「銀嶺立山」、おまけにビールはエビスかキリンクラシック・・・大和にお立ち寄りの際はぜひ・・・

三友亭主人
URL
2014/07/09 07:48
三友亭主人さん コメント有り難うございます。

台湾故宮博物院の特別展はなかなか面白かったですよ。
典籍やら陶器やら私の興味を引く展示が沢山有りました。
ただ残念だったのが例の『白菜』だけ別展示になってまして、待ち時間が2時間の長蛇の列が出来ておりました。なので飛行機の時間の関係から『白菜』は断腸の思いで断念しました。

そうそうこの居酒屋では白エビの掻き揚げなんぞをアテにして、立山を存分に飲んできました。
しかし奈良にそういったお店があるのは良いですね。京都府下南部地域での用事が結構ありますので、その時は奈良まで足を伸ばそうかなと考えたりしています。

是非その店をお教え下さい。
Nori
2014/07/09 08:20

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
度々の酒浸り この辺りの者でござる…/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる