この辺りの者でござる…

アクセスカウンタ

zoom RSS 爪の先に火をともすように自爆

<<   作成日時 : 2014/08/09 23:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

夏休みの季節である。
私自身の仕事に夏休みはない。何が楽しみなのかというと子供達が帰って来ることである。
実は先日上のお嬢様が採用試験受験のために帰ってきていた。奥様は久しぶりの子供との時間を満喫したようであるが、私は丁度出張中であったからすれ違いになってしまったのだった。断腸の思いとは正にこの事。

試験が終了したすぐに前期試験があるとかで京都に帰ってしまい、奥様と二人きりだという侘び寂びの世界に入ったのは慚愧に堪えない部分ではあったが、夫婦2人の心配の種であった下の子が帰って来るというから穏やかで居られる訳がない。まあ私も喜んだが奥様の喜び方は尋常ならざるものがあったことは当然であろう。
私はこのところ仕事が終わったらすぐに帰宅して、京都での土産話に耳を傾けている。
画像

そんな訳でブログ記事なんぞを書いている場合ではなく、時間の許す限り子供との接触をしていたいのだ。というのが更新が1日遅れた理由なのです。

以前の記事にも書いたが下の子も写真研究会に入り、親父の影響が有ったことに少し満足しているのは言うまでもない。と言う訳で色々なバックアップを小遣いの範囲内でこつこつやったりしている。中古カメラのサイトと睨み合いを続け、良い出物があったのですかさず注文した。初めてのカメラであるから軽量で扱いやすいものという事で、CanonのEOS-kiss X50というカメラを選んだ。

ちょっと可哀想だったのがレンズにまで手が届かず、親父の28-105oのオールドレンズを貸し与えた事だった。だって小遣いなんて潤沢に有るわけではないのだ。
それより何より私の標準ズームと望遠の間をつなぐレンズが無くなったのは大きな痛手だった。
画像

それからしばらく撮影にも力が入らず、ブログ記事のネタにも困るような有様であった。
だから記事が滞ったのだと言い訳したいのだろうと深読みされる方も居られるだろうが、まさしくその通りに言い訳したいのであった。全くよく色々な言い訳が思いつくもので…。

そんな状態の中、少し小遣いに余裕で出来てきたのを良いことに新しいレンズを買い与えた。最初は今使っているオールドレンズに近い焦点距離の物も良いかなとは思ったのだけれど、使っている人達のレビューを読む限りCanonのキットレンズの方が遙かに評判が良いようなのでこちらを選んだ。
財布に優しかったのは当然のことながら、最近のデジタルカメラに合わせて設計してあり、収差も発色も凄く良いのだ。
画像

と言うわけで下の子が撮った写真も載せてみようかなと。
視点はなかなか面白くオヤジ譲りのものを感じるが、後は数を撮ることと良い写真を見ることで腕を上げていけば良いのではないかと思う。

親バカと言われるのは百も承知だが、これからも機会が有る度に一緒に撮影出来たら良いなと思っている。

本人はいい加減ほっといてくれと思っているかも知れないが。







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
 お子さんがお父様と同じ趣味というのはうれしいことですね。親バカ、おおいに結構ではありませんか。

 そういえば、ぼくの一眼レフは最近ほとんど眠ったまま…… ほとんどコンパクトで間に合わせています。

 しかし写真を始めるなら断然一眼レフがいいですね。順序としては、まず一眼レフを徹底的に使ってからコンパクトというのが正解じゃないかと思っています(逆のコースが多いようですけど)。
薄氷堂
URL
2014/08/10 08:25
薄氷堂さん コメント有り難うございます。

下の子が一番写真とは遠い所にいると思っておりましたので、写真研究会に入るとは全く思っておりませんでした。時折携帯やコンパクトカメラを持っていっては色々撮っているのを知っていましたが、殆どスナップだったので本格的に撮りたいと思っていたなんて意外だったんですけどね。

仰有るように一眼から始めるとフレーミングや絞りの使い方が身につくので、本気でやるなら断然こっちですよね。
これから時折一緒に出かけて、色々撮影をしてみたいなと考えています。
Nori
2014/08/10 08:42

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
爪の先に火をともすように自爆 この辺りの者でござる…/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる