この辺りの者でござる…

アクセスカウンタ

zoom RSS 言った矢先に

<<   作成日時 : 2015/01/13 07:00   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

年末年始というのは何かと慌ただしい。
ついこの間定期更新をすると宣言したばかりであるのに、1回更新予定を飛ばしてしまったのは断腸の思いである。とは言え書きたいものが無いという訳ではない。
書きたい事が沢山あるのにパソコンに向かえないのである。

確かに年明け早々色々と仕事が忙しく別の場所で仕事を済ませてから席に帰ると、書類が山積みになっているという状況を何度も繰り返して一日が終わるような日が続いていた。それも細かな数字をパソコンに打ち込むような仕事ばかりだったから、家に帰ってパソコンに向かう気になれなかったのもある。一種の飽食状態とでも言うか。
画像

でもそれが大きなファクターであったわけではない。
一番大きな原因は子供達が早々に学校へ帰ってしまった事であろう。
年末には我が家全員が揃ったのは久しぶりで私も奥様もテンションが上昇したのだけれど、年が明けてから直ぐに京都に行ってしまったせいで気持ちが下降する速度も速かった。
私の凹み方でも結構なものがあったのに、奥様の凹み方は尋常なるざるものがあったのは当然であろう。

そんな時に奥様の気持ちが向かうのが私であって、否応なく奥様の話を聞くという世間の義務の中でも大層な苦痛を伴う義務が発生してくる訳なのだ。
例えば私が何かをやっていると直ぐに横にやってきて、際限のない今日一日の出来事話を開始する。例え私が本を読んでいようと撮り溜めたテレビ番組を見ていようと容赦はない。
酷い時には気分転換にCDを聞いて瞑想を始めた時にでもある。
当然相槌や返事がないと怒り出してしまう。

ある時背中に原因不明の痛み(多分肩こりから来る)があった時に、コタツでゴロリと横になってから程なくちょっかいを掛けてきた。「疲れてるから横にさせて」と言っても容赦ない『かまって攻撃』は止む事がなかった。
私もその寂しさが理解出来たから、しばらく黙って好きなようにさせていたのだった。

その後2・3日して奥様は風邪を引いたようで「腹が痛い」とか「熱っぽい」とか言いやがるから、その日の夕食は私が作る事となったのだが…。
「具合が悪いんだから介抱して」とあれこれ色々な要求を提示してきたのだ。私の調子が悪い時には何の遠慮もなくどうでも良い大切な話を延々と続けたにも関わらずだ。
これを理不尽と言わず何と言うべきか。
画像

そんな訳で私が自分の時間を持てるのは寝ている時だけとなってしまい、社会人として仕事中にブログ記事を書くなどと言う不埒な悪行をする訳にもいかず、段々と更新の日を逃してしまう事となった訳である。
そして今現在も「背中が痛いなら早く寝ろ」と説教をされながら記事を書いている。

とは言え最近は寂しさも峠を越したようで、私がウィスキーを飲んでいてもあれこれ言わなくなってきた。
というのも子供達の所へ行く予定を色々と考え始めたからなのであるが。

というのが新年早々宣言を守れなかった言い訳である。
もしこの文章を奥様が読んだ場合、「私ばっかり悪人にして」とお怒りになるのは火を見るより明らかではあるけど。

因みに写真は姉から貰ったチューリップの写真で、御礼と無事に飾らせて貰った報告をこの場を借りてさせて頂きます。撮影したのは当然奥様です。そして載せろ載せろと五月蠅いので載せてみようかなと。

そして新婚の姪っ子もこれを見ている事であろう。
夫婦生活なんて双方距離を置く事によって上手く行くのだと言っておく。
そちらから見たら奥様が一方的に我慢をしているように見えるだろうが、現実は逆の事が多いのだよ。

ウチの奥様のように一歩引いたら二歩踏み込む人と付き合うのは(以下略)




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
なかなかのご苦労ですね。
まあ、私も事情はおんなじようなもの、お互いにがんばりましょう。

うちの場合は子どもは二人とも家に入るんですが、両方とも野郎でして、妻の話し相手には・・・ちょいとねえ・・・
三友亭主人
URL
2015/01/14 07:47
三友亭主人さん コメント有り難うございます。

子供達が居なくなると途端に『かまって攻撃』が始まるのは恒例行事でして、普段は慣れっこなのですが新年早々の忙しい時だったので結構参ってしまいました。
女性というのはいつまでもダンナと遊びたがるモノのようです。

そんな事で今度子供達と会う用事があるのですが、「休みを取ってついていく」と仰有ってます。
その時にでもゆっくりと一緒に遊んでやったら、少しは満足してマシになってくるかなと期待しております。
Nori
2015/01/14 13:28
(笑)
どこのお宅も一緒ですね。
think
2015/01/16 07:23
thinkさん コメント有り難うございます。

妻帯者が皆同様に抱える悩みだと思います。
五木寛之曰く「細君というのは犬のように何時までも主人と遊びたがるものだ」と。

まあ即かず離れずの間合いを保っておくのが重要なんだと思います。
Nori
2015/01/18 12:09

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
言った矢先に この辺りの者でござる…/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる