この辺りの者でござる…

アクセスカウンタ

zoom RSS 冥土の道の一里塚

<<   作成日時 : 2015/07/20 07:00   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 6

祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり 沙羅双樹の花の色 盛者必衰の理をあらわす

今回は何の話かいなと訝しがる方も居られるだろう。私は今非常な無常観を感じているのだ。だから何だと問われれば、あれほど忌避していた誕生日がやってきたのである。

徒に馬齢を重ねて来ただけの人間であるから、ただ1つ歳を取っただけの事で大したことではないのかも知れない。しかしこの歳になって気付いて慄然とする事もあるのだ。
これがまだ20代であったなら嬉しいばかりで、その裏に潜む厳然とした現実に気付くことはないだろう。自分の生命に限りがあるという事に…。
まあ大層に言ってはいるけど、単に少し寂しくなっただけの事である。
画像

見習いたいのはウチの奥様で、何歳になっても自分の誕生日が嬉しくて仕方ない様なのだ。そして更に凄いのは35歳から一切歳をとることを止めたことだろう。
まあこれも単純に本当の年齢を言わなくなっただけの事なのだが。冗談のようだが、未だに自分の子供達にすら本当の年齢を言わないんだから。
気合いの入り方が尋常ではない。

とは言ってもそれはそれ、嬉しいこともちゃんとあった。
社会人になった上のお嬢様が、自分の働いた給料で親父へのプレゼントを買ってくれたのだ。歳を取ったら取ったで良いこともある。成長した子供の姿を見るのも良いものだ。
正直これはとても嬉しいサプライズだった。

貰ったものは何かと言えばウィスキーの『アテ』である。
最近病気が快癒するまで酒を控えていた親父に、「我慢せんと飲めよ」とエールを送ってくれたのだと私は勝手に解釈した。そしてこれを私に渡す時に、休みの時には晩酌に付き合おうとお嬢様が言ったのだった。
親父と酒の付き合いをしようという言葉を、私が喜ばないはずがない。

実は下の子も満20歳になった時には、親父と居酒屋へ行ってみたいと言ってるようだ。
私には直接そんな話をしないけれど、奥様には楽しみにしてると話していたという。まあ京都には雰囲気のある店が多いから、私も色々と行ってみたいから望むところではある。
何よりそんな事を言ってくれるだけで嬉しいではないか。
画像

私は元々そんなに酒に強くないのだけれど、子供達が酒を毛嫌いせず友人達と酒の付き合いもすると聞き、ちゃんと大人になってるなぁと感心する。そして酒をそれなりに飲めるのは奥様の遺伝であろうから、これについては奥様にもちょっとだけ感謝をしておこう。

歳をとってくると色々と諦めなければいけないことも多いけど、歳をとらないと得られないものも沢山有る。子供達の成長を見るのは少し寂しい事もあるが、楽しくて面白いことも多いのだ。何より子供達がいるとストレスの解消にもなる。
プレゼントだけでなく子供達から色々と貰っていると感じる。

人間の命には限りがあるとヒシヒシ感じる年代となっている。だから余計元気で居なければと思う。

まあやっぱり煙草は控えめにした方が良いかな…。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
 お誕生日とはおめでとうございます。

 たしかにいい年になりますと、めでたさも中くらいというところもあるけれど、またひとつしぶとく年を重ねたということは喜ばしく、上等のウィスキーを一杯やって祝うだけの価値はあると思います。
薄氷堂
URL
2015/07/20 07:33
薄氷堂さん コメント有り難うございます。

お祝いの言葉、有り難うございます。
お言葉の通りしぶとくまた一つ歳をとりましたねぇ。
余り目出度いという気分ではないのですが、これまで何とか生きて来られたことを感謝しなければと思います。

手持ちのウィスキーの中で良いものを一杯、子供と一緒に楽しみたいと思います。
まあこの歳になっても色々とやりたい事があるのは、まだ枯れてない証拠だと思って道楽に邁進したいと思います。

いずれにしても元気でいようと。
Nori
2015/07/20 13:46
お誕生日おめでとうございます。
私ももうじき誕生日で、ゾロ目になっちゃいますが・・・

ところで、酒(清酒)のあてとかビールの友ってのはよく語られますが、ウイスキーのあてというのはあまり語られることがないような・・・どうでしょうか。
ウイスキーがもともと少々煙くさいものですから、私の場合けむ臭いものがあだろうと単純に考え燻製類やスモークチーズなどを少々グラスの横に置くことが多いのですが・・・
そうそう、一番はたばこだと思いますがね・・・
三友亭主人
URL
2015/07/21 06:37
三友亭主人さん コメント有り難うございます。

おお、そろそろお誕生日なのですね。
お互い素直に喜べない年代になっておりますね。
まあ薄氷堂さんが仰有る様にしぶとく歳を一つ重ねた事に関しては、素直にお祝いをしても良いんじゃないかと。

因みにビールとか清酒は食中酒で使われる事が多いので、色々な『アテ』があるのでしょうが、ウィスキーはスタンドアローン(単独)で飲む事が多いからだと思います。
確かに私もバーで飲む時には、殆どアテ無しで飲んでますから。
世間では干したアンズやチョコとは言いますけど…。

余計な話ですが、独身男が一人でディズニーランドへ行く事も同様に『スタンドアローン』というらしいです…。
Nori
2015/07/21 11:23
うちの親父は嬉しそうに居酒屋に誘いましたね。息子を。もっとも、払うのは僕でしたが。居酒屋のカウンターの客に(親父の馴染)うれしそうに息子自慢をするんですよ。友人は息子に嫌がられていました。お父さんとは飲みたくないと。うふふ。これも悲劇だな。

そういう僕も、ある一時期、親になったことがあって、娘も息子もそれぞれ那覇のやぎ料理屋に連れて行ったことがありました。
根岸冬生
URL
2015/07/25 12:20
根岸さん コメント有り難うございます。

父親と長男というのは仇同士と言いますけど、下に行くほど関係が良好になっていくのは面白いものです。
しかし子供と飲むというのは楽しい事なんですが、反面ひどく恥ずかしい気持にもなったりします。
でも居酒屋で子供の自慢をする根岸さんのお父さんの気持ちは判る気がします。私も同じ事をやってしまいそうですから。しかし実際となると、他人に子供の自慢をすることはなかなか難しいです。親馬鹿と見られたくないという余計な計算も働いて…。
要らない斟酌でしょうが多分お父さんにとって、根岸さんが本当に自慢出来る子供だったのだと思います。

しかし『ヤギ料理』というのは物凄く琉球の香りがしますね。
Nori
2015/07/26 08:20

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
冥土の道の一里塚 この辺りの者でござる…/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる