この辺りの者でござる…

アクセスカウンタ

zoom RSS 昔の名前で出ています キリン オークマスター樽薫る

<<   作成日時 : 2016/05/23 07:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 4

久しぶりのウィスキーの記事である。
というか記事の更新自体が滞っているから、何より先にウィスキーの事を書こうかなと。

だが題を決めて自分に課題を与えると何も書けなくなってしまうのがこのオッサンの厄介なところで、書いていて途中でイヤになって長考に入りがちなのである。周知の様に将棋の名人達は決められた時間を有効に使って、気分転換を図り次の最良の一手をひねり出すのが常である様に、私もしばしば長考に入って次の一文をひねり出すのだ。
ただ将棋の名人戦と異なるのは制限時間が無いと言う事。
そんな訳で2ヶ月間の長考の結果がこの有様である。

といった状態で名人が長考に入っていた3月の終わり頃に、ふと立ち寄ったコンビニでこの酒を見かけて購入したのであった。
画像
元々『オークマスター』と言うのはメルシャンが軽井沢蒸留所のモルトを使ってブレンドしていた酒で、オーシャンウィスキーの中では安価な割には本格的なウィスキーでもあった事から、結構贔屓の筋が多い酒だったのだ。そしてキリンの資本下に入った時に廃盤になってしまったものなのである。それが5年も経った今、何故か突然に復活させられたと。
これは私のブログの空白も可愛く見える程度のブランクである。

何度も昔の事をほじくり返すが、日産自動車が吸収合併したプリンスの『スカイライン』に対して行った事を連想し、余り良い感情を抱かなかった事は否めない。昔の名前を使うからにはちゃんとメルシャンのオールドファンが納得出来るものになっているのやら。

色は絵に描いた様な琥珀色。グラスに注ぐと結構派手に香る。キリン特有の溶剤様のエステリーな感じである。
飲み口は甘さが先ず立つが、揮発性の高さを感じる。甘さの山は結構高い。その山が立ち上がり始め、一瞬おいてスパイスも立ち上がる。胡椒風味。そしてこのスパイスには色々な風味が伴う。フルーツ様のものとメープル様の甘さ。新樽から来ていると思われる渋み。麦の風味。少しの若い酒の匂い。そして樽由来のバニラ。
スパイスは強めだが、値段から想像するよりずっと本格派。

いつもの様に1滴・2滴と徐々に加水してみる。
揮発性の高さは和らぐ。甘さの構成要素もよく判る。ビターがやってくると同時に渋みもやってくる。ちょっとリコリス(甘草)を感じるが渋柿へと変化する。焙煎のあまい麦の風味も感じる。飲み込んだ後には甘さと樽由来の芳香。
結構良いじゃないか、これ。

周知の事であるが御殿場蒸留所ではバーボンをライセンス生産している。そしてバーボンを熟成させるには200リットルほどの小さな樽を用いる。対してウィスキーはもっと大きな樽を用いることはご承知の通り。
だが御殿場ではウィスキーの熟成にバーボンバレルをそのまま使用している様である。

これもまた周知の事ではあるが、小容量の樽を使用すると樽の風味が付きやすくなる(熟成が進みやすいとも言うが…)のだ。
この酒を飲むとその辺りの機微がよく判る様な気がする。
画像

キリンは巷間ハイボールが流行しているのに乗る事を意図してか、この酒もハイボールにするとキレがあって旨いと言っている。確かにハイボールにすれば若い酒の風味は消えて樽香のするハイボールにはなるだろう。
でも少し勿体ないような。

軽井沢モルト使用のオークマスターとは違っているだろうが、安価に樽香のする本格風味のウィスキーという方向性は同じなのだろう。
キリンらしさを感じられて、値段よりも価値のある旨い酒だった。

お小遣いの少ない時の選択肢が増えるというのは実に有り難い。

次は新しい富士山麓も試してみようっと。










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ウィスキーの記事、久々ですね。
「安価に樽香のする本格風味のウィスキー」は、小遣い僅かな自分好みの方向性です(笑)
新富士山麓も悪く無かったですよ。
みりとも
2016/05/23 09:28
みりともさん コメント有り難うございます。

今まではゆっくりと酒を嗜むという雰囲気ではなく、酔っぱらいたくて飲む様な状況でしたので、「味を確かめる」方法を忘れてしまいましたね。
気の短い酒の飲み方をすると健康にも悪いし勿体ないという事を思い出しています。

この酒は値段の割には良く出来た酒でして、スコッチの安いものを飲むよりも満足感があります。
何よりキリンがウィスキーを止めてしまうのではと危惧しておりましたので、少しだけ安心もしております。小遣いが潤沢ではない時の選択肢が多いのは何よりですからね。

私も近日中に新しい富士山麓を飲んでみようと思います。
仰有る様になかなかの酒だという話を聞きますので。
Nori
2016/05/23 13:10
いやあ、結構お久しぶりですなあ・・・年度末、年度初めでもありましたしねえ・・・

この「樽薫る」ってやつ、だいぶ前に試したように記憶します。
ほとんどその印象は薄れているんですが「スパイスは強めだが、値段から想像するよりずっと本格派」てな感じであったことだけは覚えています。
最近近所ではあんまり見ないんで・・・今度どっかに言ったら、酒屋に入って探してみます。
三友亭主人
URL
2016/05/23 23:07
三友亭主人さん ご無沙汰です。
コメント有り難うございます。

記事にあります様に長考に入っているウチに、気が付いたら2ヶ月も経ってしまっておりました。
この間はシャレにならないくらいに落ち込んでたんですけどね。

最近ようやく味わって酒が飲める様になってきまして、またぞろ色々買い込んで飲んでいる内の1本です。
値段の割には良い酒ですよ。
ただやっぱりキリンの常で、容量が若干少なかったりはするんですけどね。
Nori
2016/05/24 00:41

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
昔の名前で出ています キリン オークマスター樽薫る この辺りの者でござる…/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる