この辺りの者でござる…

アクセスカウンタ

zoom RSS ご無沙汰を致しております

<<   作成日時 : 2017/09/05 00:00   >>

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 6

長らくお休みを頂戴しておりました。
私は決して病気だった訳でもなく況んや寝込んでいた訳でもありません。
まあ居眠りやゴロ寝は良く致しますが。

仕事半分でFaceBookに手を出したお蔭でこちらが留守になったというのが実際の所で、元々何もかも出来るほど器用な人間ではないのを痛感している。
世間では記名・匿名の可否について議論されることもあるけれど、ブログでは型にはまった言辞を弄しなくても良いという気楽さがあるし、何より長文でも読みにくくないのが良いかなと。
年寄りは話が長いモンなんです。
画像

漢(おとこ)というものは一度とことんやってみないと納得しないのが性(さが)というものであり、これまで私はそのお蔭で奥様から多くのお小言を頂戴した。しかしそれで止めるほど素直な良い子でないことは、これまでのブログの記事に書いた通りである。
その結果、奥様から「趣味が多くて良いね」と後ろ指を指されるくらいの道楽者になり下がったのは慶賀の至りでございます。

古い奴ほど新しいものを欲しがるものだと鶴田浩二氏が言うようにFaceBookやTwitterにハマった訳だが、お蔭でそれぞれの長所・短所がよく解ってそれぞれに合った使い方をしようと思い当たったのである。
私自身は極つまらないタダの親父ではあるが、路傍の石の親父にも主張したいことがありましてな。

記名の所では職場の機微に遠慮して書けないことも多く、自分の立場が若い頃のように自由でなくなりつつある窮屈さを感じてしまうのだ。だから向こうでここの場所は書いていないし、こちらでは向こうの事を書こうと思わない。
更に言えばTwitterなんかは同じ意見の人間で固まりやすく、その意見も先鋭化しやすいから逆に肩が凝ったりするのである。
つまらない冗談を呟くと怒られそうで。

まあ正直に言うとFaceBookなんかで思ったことをそのまま書けば、「お前はこんな事を考えてやがったのか」と言われるのが火を見るよりも明らかだからでもあるが。それも同僚や後輩ならば余り実害がないけれど、親分や利害関係人に知られるとワクワクするような修羅場があるかも知れないのである。
それならそれで毎日が楽しいかも…と思っている自分もいるけれど。
画像

しかし私がブログに戻ろうと思った理由の大きなものは、留守中にも関わらずブログ気持玉をクリックした頂いた方が少なからず居たからである。
こんなつまらないブログを訪れて頂いた方に感謝せねば申し訳ない。そしていつまでも鼻くそをほじりながら寝転がってる場合ではないと。

という訳で以前のように三日に一度とかの更新は難しいですが、それぞれを成立させつつやっていこうと考えております。
暫く訪問出来なかったブログ友達の方々にもお詫びを申し上げます。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
 お帰りなさい。

 ぼくはこれでも案外新しもの好きでして、TwitterもFaceBookも、存在を知ってすぐに登録したんです。しかしどちらもたった一日で(笑)解約してしまいました。

 まずTwitterは字数の制約がきつすぎます。それなのに政治や哲学・文学なんぞのむずかしい議論をする方も多いんですね、当然のことながら、字数の制約上、たちまち発言その一、その二……その十と分割されることになり、流れを追うのが面倒になるからです。あ、これは自分には合わない→解約。

 FaceBookは、ああ、これは人間関係がわずらわしそうだな→解約。

 一番自分に向いているのは古くさい(いわゆる)ホームページなんですが、これは更新に手間がかかりすぎるため、結局ブログに落ち着いたわけです。
薄氷堂
URL
2017/09/06 17:52
 薄氷堂さん コメント有り難うございます。

 Twitterはホントに字数制限が厳しいですよね。思いを伝えるには言葉を削る必要があって、それ故に尖った表現になるのだと。
 だから俳句を勉強するのには良いのかなぁと思ったりしましたw

 FaceBookは実名でやると色々気を使わないといけない事もあって、尚かつ長文を書くには向いていないと。新しい情報を得るには良いんでしょうけどね。

 もはやブログの時代ではないと言われますが、こちらの方が制約が無くて私に合ってるかなと思った次第です。

 コメントを頂いて面倒な事が苦手なのは私だけじゃないと安心しました。
Nori
2017/09/06 18:08
いやいや、本当にお帰りなさい。
私の場合はTwitter、FBのどちらも手を出してますが、やはり足を置くべき場所はブログであろうと思っています。最近の傾向なんですが、一回の記事を一日では書ききれないんですね。何日もかかって一つの記事をかき上げる・・・こんなことはTwitterやFBではやってられませんからね・・・
三友亭主人
URL
2017/09/06 22:52
三友亭主人さん コメント有り難うございます。

仰有る通り自分の書きたいことを綴るには、FaceBookやTwitterでは難しいんですよね。
そして書いた記事も次々と流れ去ってしまうというのが残念というか。

じっくり書きたいことを書くにはブログが一番だと思います。
そして仕事抜がらみの制約された言辞を弄さなくても良いのが何よりで、随分気が楽にモノが書けるのが一番です。

歳を取ると楽なのが一番だとしみじみ思いますね。
Nori
2017/09/06 23:04
僕もブログが相変わらず中心です。
FBはあれやらこれやら入りすぎ。
真面目に対応していたら24時間が終わってしまう。
本当に伝えるべきことはやはりブログで、となりました。
根岸冬生
URL
2017/09/07 12:08
根岸さん コメント有り難うございます。

色々とやってみてブログの方が具合が良いと私も解ってきた所です。本当に「イイね!」のお付き合いをしていたら一日終わってしまいますよね。

ですので仕事での話は簡略にFaceBookでやっておいて、本音の部分をブログにしようと思いました。何より仕事が絡むと窮屈でいけません。

話の長いオッサンには、ブログが丁度良いのだということに尽きると思います。
Nori
2017/09/07 13:05

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ご無沙汰を致しております この辺りの者でござる…/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる