この辺りの者でござる…

アクセスカウンタ

zoom RSS 久々に自転車を

<<   作成日時 : 2017/09/29 12:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

このところ職場での立場が変わってきて、非常に窮屈な思いをしてる日々である。
私自身は特に変わった事もなく何時ものように仕事をこなしているだけなのだが、今までに無かったような面倒な事を持ち込まれる場合が多い。
それが永久に自分の元にないと思えば、特に縛られる事もない筈であるが。
画像
と、難しい事ばかり考えても仕方ないので、煮詰まった時には心を解放してやれば良いのである。そんな訳でしがらみや義理人情から手を放して、非日常の空間に身を置いてみると。
つまり、しばらく休みにしていた自転車に乗ろうと。

とはいうものの暫く自転車を休んでいたのは、目指す場所までの林道が土砂崩れで通行止めとなり、目的を失ったような気持になっていたのだ。であればこの際、奥様への飽くなき挑戦によって入手した道具を使ってみようかと。
片道30qを越えると行き倒れる可能性が高いオッサンの味方、飛び道具とも呼ぶべき車載用具である。
画像

車の荷室にさり気なく置いていたのに今まで奥様からの糾明が無かった事をポジティブに解釈し、気付いていなかったのだと決めつけてそっと箱から出し、ソロソロと自転車を引っ張り出して載せてみる。いやいや実に具合が良い。
明くる日の楽しみを心に描いて、遠足前の小学生のようにワクワクしながらその日は床に就いた。

次の朝、天気はビックリするほどの晴天である。
これは普段の私の行いを神様が御照覧だったのであろう。朝ご飯もそこそに自転車に空気を入れて車に積み、先頃入手したパッド付の短パンとウェアを着用して颯爽と車に乗り込んだ。
余談であるがウェアとパッド付の短パンはローディ(ロードレーサー乗り)がよく着用しているパッツンパッツンのものでなく、ゆったりとした感じのもので自転車を降りてもジョギングをしているオッサンにしか見えないものだ。
画像

目的地は車で1時間30分程先の海岸線である。
まあこの際だから結構遠い場所に行って普段見られない風景を、所々休憩をしながら撮影しようという算段である。そして普段から苦しめられている登り坂をパスして、軽やかで楽しいサイクリングをしてみようじゃないかと。
当然ペダルを回すオッサンが一番軽やかでない事を考慮した上での計画なのだ。

目的地である海水浴場の駐車場に車を止め、おもむろに自転車を降ろして前輪を填める。自分でやっていて何か「自転車を楽しんでるぜぃ」という空気が身体から滲み出ているのを感じる。駐車場にいた数人がこちらを見ているから、「いつも走り込んでるぜ」というポーズも忘れてはならない。
その割に走り込んでいる体型でもないのは、これからの伸び代である。
これからカッコ良くなる予定なのだから。
画像

走り出して暫くすると後から声をかけられた。絵に描いた様なロードレーサー乗りである。私よりも遙かに軽やかにペダルを回していて、横に並んだ時に「頑張って下さい」と。
私は親指を立てて「そちらも」とカッコ良く応じたのだが、速度差があまり無いと思っているウチに彼は遙か遠く先へ行ってしまっている。
これも私の実力というものである。

といった所で時折撮影をしながら、平地を選んで2時間30分ほど海辺の町を回った。
そして車の所まで戻り着替えてスッキリしようと思った時、ハタと気が付いてしまったのだ。家に着替えのパンツを置いてきた事を。
ちなみに自転車用の短パンは下着を着けずに着用するのが常であり、家から当然下着無しで着用してきた訳である。つまりこれを脱げば履くパンツが無い訳なのだ。
画像

それから私は自転車を積み込みコンビニに立ち寄ってパンツを購入し、無事着替えを済ませてから名物のうどんを食べて帰宅したのであった。

この話は奥様には絶対ナイショである。
誤解のないように言うが決して車載用具の事ではない。

私が下半身裸で車のシートに座った事をである。







テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
 サイクリング復活ですな。
 悲しいことがありました。うちの居候は車の免許がなく、自転車オンリーなのですが、先日、「自転車の空気が抜ける」と言い出しまして、「ムシゴムがいかれてんだ。自転車屋で直してもらえ」と言ったんですが、なんと、名護には自転車屋がない。仕方がないので、ホームセンターまで行ってムシゴムを買ってきた次第です。おまけに、名護の地図がない。本屋で売っていないんです。地図系の出版社も発刊していない。その田舎度に愕然としました。
 どこかの幹事長みたいに転倒して大けがしないでくださいよ。
根岸冬生
URL
2017/09/30 13:00
根岸さん コメント有り難うございます。

 夏の頃にも自転車に乗って居たのですが、今月に入ってからバタバタと忙しく、自転車どころか休みが取れない状態でした。なので休みで天気のいい日は自転車を引っ張り出すと。

 私も山村に住んでいまして1軒ある自転車屋も友人なのですが、今の自転車は京都で買ったものなので持ち込む事も憚られ、修理や整備は自分でやっています。近頃便利な通販というものがありますので、道具の類は一式調達しております。
 しかし慣れない方は不便だと思いますね。私も慣れるしかないと思って色々やってます。

 とはいえ地図がないのは困ったものですね。頼りはグーグルマップだけって感じですよね。私も林道がどこに繋がっているのが解らない事態が多く、実際に行けるまで行くという原始的な事をやってたりします。それでちと怖い事もあります。

 転倒で大怪我をするほどスピードが出てないという事もあり、マイペースでのんびり車の少ない場所を走ってます。
 ただやはりこの歳なので怪我をしないように養生しながらですけどね。
Nori
2017/09/30 15:00

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
久々に自転車を この辺りの者でござる…/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる