この辺りの者でござる…

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本人のすなるローランドモルト ニッカ・伊達

<<   作成日時 : 2013/04/05 07:00   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 8

年度末の忙しさと遠出をしたせいで、件の酒屋へ行く機会を失ってしまっていた。
それは愛飲している日本のウィスキーが切れてしまうと言う事を意味する。
そんな時三友亭主人さんの日本酒の記事を読んだ時、酒を飲んで復興支援になるというのは良いなぁと思った。ふと見るとブログの片隅に『宮城の旨い酒』というリンクがある。
そこに宮城県限定であるこの酒の通販ページに飛ぶものがあった。

以前からニッカのHPで見て気になっていた酒であり、一度通販している店を検索してみたがヒットしなかったのだ。要は検索方法が間違っていたという事だろうが。
画像
売っていたのは石巻市の酒屋さんだった。
東北地方支援のためならば何も躊躇する事はない。心置きなく自爆スイッチをポチッと押せる。
なんてっても自爆は漢(おとこ)のロマンだ。で、程なく届いたものを開ける手ももどかしく開栓した。

周知の事だが、普通モルトウィスキーはポットスチルという単式蒸留器で造られる。
対してこの酒はカフェ式連続式蒸留器で造られる。こちらを使った方が大量生産が効くと言う事からローランド地方で多く導入された。
それがローランドモルト衰退の原因となったりするのだが、詳しくはWikiで…。
ともあれ、ニッカの所有する旧式のカフェ式連続蒸留器は、ちゃんと穀物由来の味のするニュースピリッツを造る事が出来るという。

色は綺麗な褐色。匂いは華やかな香り。木質系の香りがする。若い酒の特有の匂いが一切無い。
飲み口は甘さがすぐに立ち上がる。穏やかに甘さが引いていくとスパイスとビターがやってくる。ビターの中にピートの香り。スパイスは胡椒風味。若干スパイシー。
胡椒が和らぐとビターだけが舌の上に残る。セミスィートのチョコを食べた感じ。

少しずつ加水して様子を見る。木質系の香りの中に花の香り。
甘さはすぐに立ち上がって、なだらかに坂を下りていく。甘さは舌に柔らかくまとわりつく。そしてバニラの香り。砂糖が段々と焦げた風味となり、心地よいビターが残る。

元々重層的な味わいなのだが、一枚ずつベールがはがれていって最後にビターが残るという印象を受ける。山の様な高まりというのではなく、高原から少しずつ平地に下っているというイメージ。非常に心地よい味わい。

ニッカはノンエイジの酒にも一切手抜きをしない感覚があるが、これも例外なく渾身の力を込めたという事がわかる。ブレンダーの気合いのほどが伝わる非常に良い酒である。

生産量に限りがあって宮城県限定になっているのだろうと想像するが、支援の為にと言うだけでなく常飲したくなる酒である。宮城峡蒸留所の酒を買って何らかの地元還元になればいいと思ったりする。

宮城峡蒸留所をローランドに見立てて…とよくいわれているが、ニッカが本気で造ったローランドモルトは非常に良い出来だった。







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
>なんてっても自爆は漢(おとこ)のロマンだ。

あっはははは。そういうNoriさん、好きです。

僕は、三友亭主人に誘発されて
「浦霞」派になってしまいました。
新橋の立ち飲み屋で、350円で飲める店を見つけたので
いつか彼が上京したらたらふく飲ませてやろうと思っています。
根岸冬生
2013/04/05 11:35
根岸さん コメント有り難うございます。

通販サイトを見ているとついつい理性的な判断力を無くして、自爆スイッチを押してしまいそうになります。
この間もカメラのレンズが欲しくなり、必死で自分を呼び止めましたが…。

保健婦のお姉様に日本酒を制限されていまして、飲みたくなるのを必死で我慢しています。
浦霞の話を伺うと、おでんに合わせて…と誘惑されてしまいそうです。

今晩は日本酒にしようかな…と。
Nori
2013/04/05 12:27
我が郷里の御支援(笑)、ありがとうございます。
私もこのお酒、興味があって仕方がないのですが・・・
一昨年、帰京した際の帰りに、仙台空港で見かけまして・・・その時は少々懐もあったかかったのですが、何せかなりの数の清酒のビンを両手に抱えていたのであきらめてしまっていたので・・・私もそのうち何とか飲んでみたいと思います。他に「宮城峡」も飲まなきゃならないし・・・大変だなあ(笑)
三友亭主人
URL
2013/04/05 23:12
三友亭主人さん コメント有り難うございます。

いつもは奥様に対する大義名分なんですけど、ニッカの酒を買うのは支援という気持ちも少しあるのです。
今回は石巻の酒屋さんだったので、迷いはなかったです。
まあ、そんな事が奥様には通用しなくなってますが…。

今度宮城峡の評判が良いので、支援のために、あくまでも支援のために飲みたいなと思っております。
Nori
2013/04/06 08:35
こんにちは! ニッカの限定ウィスキーですね。宮城峡蒸留所のカフェ式蒸留装置を導入して質の良いグレーン・ウィスキーを作るのが竹鶴氏の念願だったようで、出来上がったときは本当に喜んでいた、とニッカのホームページにありました。
件のカフェ式蒸留装置はグレーン・ウィスキーだけでなく、モルトも蒸留しているようで、それが〈オールモルト〉などに使われているそうです。今度飲んでみようと思っています。
それにしても〈伊達〉はおいしそうですね。
只野乙山
URL
2013/04/06 10:03
乙山先生 コメント有り難うございます。

このウィスキーはピュアモルト・レッドとも性格が違っていて、なかなか面白い良い酒です。
甘さの立ち上がりが早く、入れ替わりに色々な味わいがやってきます。多少ビターは若干強い感じもしますが…。

ノンエイジでも手を抜かないニッカらしい酒ですよ。
Nori
2013/04/06 10:55
こんにちはー。冴えない天気の休日に、ニッカ3品目を呑み比べしてました♪自重しないと依存症か禁治産者に陥るな・・・くわばら。

 この「伊達」はGWに仙台へ行ったときに工場で竹鶴12と共に土産として購入しました。それなりにいい値段だったので、少しずつもったいぶって楽しんでます。
 こなれた樽香とボディの厚い味わいで好いですねー。ビターとスパイスの中から甘みが出てきてピートも感じられて。
シングルモルト宮城峡のシェリーっぽさとは又違う燻し銀な佇まいに満足の逸品であります!
つっち
2015/06/28 16:05
つっちさん コメント有り難うございます。

この伊達は良い酒ですよね。
これも口の中で色々と変化する酒なので、ゆっくりと時間をかけて飲むのには良いのではないでしょうか。
先ず感じる甘さとビターに変化していく様子は他の酒に見られない小瀬だと思います。
残念なのは宮城県限定発売だという事ですかね。

私も雨の日には自転車に乗れないので、雨だれを眺めながらのんびりとウィスキーを飲んでいます。
確かに程度を弁えないと、社会復帰出来なくなりそうですよね。

最近健康上の理由から週5日の飲酒を週3日に節制しております。
まあ健康診断が終わるまでかも知れませんが。
Nori
2015/06/29 08:32

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
日本人のすなるローランドモルト ニッカ・伊達 この辺りの者でござる…/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる