この辺りの者でござる…

アクセスカウンタ

zoom RSS 忘れた頃にやってくる

<<   作成日時 : 2013/05/02 18:00   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

世間では連休やらGWやらで大騒ぎである。
この山里、というか私自身にも少なからず影響がある。
まあ、ちょっとしたお出かけをしたせいで、パソコンに触る機会がなかった。
というのが定期更新を出来なかった言い訳です。

光陰矢のごとしというか色々なものに追われると、一日というのは何と短いものだろう。風邪のせいで一日家に籠もりきりの時には一日は長く無限にも思われたが、何かに集中している時と言うのは時間が経つのが早いものだ。
画像
仕事が忙しいばかりではなく、止せばいいのに新しいレンズを買ったばかりに、色々な場所に行って色々撮影をした写真の整理やなにやで一日が終わってしまう。

そう言えばこの間ブログのお付き合いをしている方から「写真ブログになってしまいそうですね」と言われて、しばらくの間考え込んでしまった。
世の中には写真の上級者は沢山いて、所謂ハイアマチュアといわれる人たちの取り組み方は半端ではない。
休日の殆どを使って有名な撮影ポイントへ行き、あり得る限りの時間を使ってタイミングを計りながら撮影する。さらに良いポイントの争奪戦に参加して、勝利を収めるという前哨戦まで含めると凄い熱意が必要となってくる。

そこまでの熱意や写真の腕がないオッサンは、出かけたついでに人のいない場所を探してバシャバシャシャッターを切るような撮影スタイルとなる。
当然玉石混淆で良い写真は20枚に1枚有れば幸甚だ。当然の結果ですが。

ということなので、下手な腕しかないクセに巷間溢れる写真ブログのようにしようというのは、あまりに虫が良いというか世間知らずな馬鹿者の世迷い言であることは承知している。
これでも身の程は知っておりましてな。

ただ歳を取って感性が鈍くなっていくのを防止するため、保健婦のお姉様からの指導を遵守するために、自分の足を使って色々な場所に行き可能な限りの絵を作る。
物事に集中するのは楽しいことなんだと忘れないためにやっている。

でも、ハタと気が付いてみればブログの更新が滞っていて、バタバタしながらキーを叩いている昨今である。

更新予定日は忘れた頃に必ずやってくる。
カード決済の請求書と同様にである。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは! 見事な桜ではありませんか。東北地方はいまが桜の時期なのでしょうか。だけど昨日も今日も、妙に寒かったですね。風邪はもう大丈夫と思いますがご注意くださいね。

17-50oF2.8、いいレンズですね。乙山も28o、35mm、50mmあたりをいちばん使うと思うので、ベストの選択ではないでしょうか。それに100mm前後のものがあれば「鬼に金棒」ですよ。

そうそう、カード決済の請求書、言えてますねえ。ちょっと高めの買い物をすると「えっ」という感じに。それがまた、忘れたころに来るから余計そう感じるのだと思います。
只野乙山
URL
2013/05/02 19:22
そもそも私には更新の予定日なんてのはなくって、本当にダラダラと更新し続けていますが、目安としては週に最低2回ぐらいってところでしょうか・・・

以前はほぼ毎日の更新を続けていたこともあるのですが・・・いつの間にか今のペースに落ち着いてしまいました。

出来れば、せめて曜日ぐらいは決めておきたいのですがね・・・
三友亭主人
URL
2013/05/02 23:25
乙山先生 コメント有り難うございます。

実はこの桜はこの間満開の時に撮ったものです。
地元に隠れた名所がありまして、人も少なく静かに撮影が出来ます。

おかげさまで今度のレンズはなかなか良い感じです。
連休の最初に京都で色々撮ってきました。
今度UPしますので御批評頂けたらと思います。

それと望遠も明るいものが欲しいのですが、後からやってくる請求書が怖くて躊躇しております。
今のところはオールドレンズで我満を…
Nori
2013/05/03 08:48
三友亭主人さん コメント有り難うございます。

私ももっとスローペースにした方が良いのかなと思ったりしますが、生来の短気モノですのでついつい更新したくなったりしてます。

ただ最近は周辺が騒がしいもので、物事をゆっくり観察したり考察したりする時間が少なくなってまして、更新が滞ってしまいました。

何にしてもゆっくりとものを考えられる余裕は欲しいものです。
まだ、私自身もこのペースで良いのかどうか迷っております。
この間も書きましたが、家の中で熟考出来る環境にないのが一番大きなネックなのです。

「ねえねえ聞いて」攻撃に対抗する手段を編み出さないと…
Nori
2013/05/03 08:57

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
忘れた頃にやってくる この辺りの者でござる…/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる