この辺りの者でござる…

アクセスカウンタ

zoom RSS 梅の実がなる頃の長雨

<<   作成日時 : 2013/06/07 07:00   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

しばらく雨の降らない時期が続いていて、少し雨が降り始めたと思った瞬間に梅雨入り宣言がなされた。
また長雨の時期が来たと思えばとても憂鬱だが、植物がシュンシュンと音を立てるように伸びる時期でもあるし、夏に備えて水をためておかないとならない時期でもある。
そう考えたら雨も又風流ではある。

子供の頃にこの時期の雨を何故『梅雨』というのか非常に疑問で、母に尋ねたところ「梅の時期の雨だからじゃないの」と言われた。
そもそも梅の時期って何よ?ともう一回聞きたかったが、別にいいやと放り投げた瞬間に忘却の彼方に行ってしまっていた。
画像
最近になってから調べる必要があってWikiで見てみたら、定説は無いにしても結局母が言っていた『梅の時期』とは梅の実がなる頃という意味だった事を確認した。ちょっと納得。

という事で毎年この時期になると梅酒を仕込むのが恒例となっている。
以前の記事にも書いたが、但馬の地酒蔵の多治米酒造さんの日本酒仕込みの梅酒が旨くて、ウチも真似をしてやってみようと日本酒を使って漬け込むのが定番となった。
画像
梅酒用の日本酒にあまり味の濃いものは適さないという事を聞いたので、思い切り淡麗な酒を使うようにしている。銘柄は淡麗で右に出るものが無い『銀嶺立山』。
何という贅沢だろうと思う向きもあるだろうが、旨くない酒を使っても結局飲むのは自分だし、年に一度の事なのでご容赦願いたい。

淡麗な酒にする理由はもう一つあって、自分の好みの味に調整しやすいからでもある。
日本酒は元々焼酎より甘みがあるので、ちょっと控えめぐらいにして丁度いい味になる。

ただ日本酒を使うと長期保存が難しくなるので、冷蔵庫に入れて低温長期熟成をさせないといけない。考えてみたら気の短い私には最も向いていないやり方かも知れないのだが、出来上がりを考えたらこれがベストの方法である。
画像
上の写真はこの間漬け込んだ当初のものだ。それを冷蔵庫で熟成させると下の写真のようになる。
ちなみに下の写真は去年漬け込んだ1年物。
で大体飲み切ってしまうので1年以上おいた物は存在しません。一度2年くらいはやってみても良いかも。

とはいえ以前から何度も言っているが、保健婦のお姉様から「醸造酒は控えろ」と厳命されている折柄、奥様と成人したお嬢様が大部分を消費なさる事となっている。

まったく、焼酎の梅酒に何の興味も示さない癖に。

手をかけて仕込んだ梅酒が少ししか飲めないのは断腸の思いだが、奥様に言わせると「あんただって何時も高そうなウィスキー飲んどるやん」という事らしい。

ソレを言われると返す言葉が無いのも事実。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは! 梅酒といえば焼酎やホワイトリカーを使うことが多いのですが、日本酒の梅酒は初めて見聞きしました。なるほど、常温保存できぬわけではなさそうですが冷蔵したほうがよさそうですね。

銀嶺立山は乙山もたまに買って飲むことがあります。いい酒ですね。北陸の酒って、わりと香り成分を抑え気味にしたものがありますね。それが食中酒としてばっちりなんですよね。梅といえば梅酒なんですが、梅干を作ってみたいなあと毎年思うだけになっています。
只野乙山
URL
2013/06/07 08:14
乙山先生 コメント有り難うございます。

日本酒で梅酒を漬けると、口当たりの柔らかいものに仕上がります。
実は料理屋で出す食前酒は日本酒で漬けた梅酒が多いらしいです。
これも知人の板前さんから聞いた話なんですけど。
ただ常温で長期保存は難しいので、冷蔵庫に入れっぱなしにして1年ぐらいほっておいたら丁度良い感じになります。

銀嶺立山を使うのは非常に勿体ない気がするのですが、旨い梅酒を飲むために…と後ろ髪を引かれながらやっております。

ただ、自分が飲む分が少ないというのは慚愧に堪えません。
Nori
2013/06/07 09:28
もうそんな季節になっていたのですね。
私の家でも数年前までは梅酒を付けていたのですが、ここ数年は・・・
大体当たり前のホワイトリカーで付けたやつなのですが、清酒でですか・・・それも銀嶺立山・・・私の大好きなやつではありませんか・・・どうなるか、楽しみですね。
私は一度ブランデーで試してみたいと思っているのですが・・・
三友亭主人
URL
2013/06/08 21:18
三友亭主人さん コメント有り難うございます。

日本酒で漬けると、まろやかで口当たりの良い、後味もさっぱりした梅酒になります。
欠点は常温保存が難しいということですかね。
ウチは隣人が引っ越しの際に置いていった小型冷蔵庫を、梅酒・醸造酒保管庫にしているので、奥様のお叱りはありません。

ブランデーで漬けるのは面白そうですね。
1回やってみようかな…。
Nori
2013/06/09 10:05

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
梅の実がなる頃の長雨 この辺りの者でござる…/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる