この辺りの者でござる…

アクセスカウンタ

zoom RSS ライトだが複雑 グランツ ファミリーリザーブ

<<   作成日時 : 2014/01/26 23:30   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 10

この間からしばらく断酒をしていた。
健康のためという訳ではなく、世間でいう『願掛け断ち』である。
いい歳なんだから大した欲望も無くなるはずなのだが、断ち物をしてまで強く願うことがあったに他ならない。
その願いとはウチの受験生がセンター試験に行くと言うから、好成績を期待して我慢のお付き合いをさせてもらったのだ。
でもウィスキー断ちをして、その効果があったか否かは定かではない。

実はその後数日間断酒をしていた直後に、とある宴会に呼ばれて大酒を飲んだ。
次の日には酷い二日酔いとなって、仕事に支障があったことは言うまでもない。その後もビールと日本酒には食指が動かない状態である。
そんな状態でもウィスキーには手を出さなかった。出した手がプルプル震えそうな感じはしていたが。
まあそれでも一段落と言うことで、久方ぶりのウィスキーである。
画像
この酒の瓶は三角形の特徴的なもので、どこかで見た気がするのはシングル・モルトのグレンフィディックと共通するデザインだからだ。
まあ生産しているのが『ウイリアム・グラント社』といって、彼の有名なグレンフィディック蒸留所を設立した会社なのである。のみならずザ・バルヴェニー蒸留所・キニンヴィ蒸留所の3箇所を所有していて、ローランド地方のガーヴァン・グレーンウイスキー蒸留所も持っている。

この酒はその3つの蒸留所のモルト原酒を20種ほど合わせ、自社所有の3種程度のグレーンとブレンドしたものだという。
何時も引き合いに出されるジム・マーレーという酔っぱらいのオッサンが書いた『ウイスキーバイブル』で、2008年度の年間最優秀賞に輝いた酒である。

色は薄い琥珀色。香りは若い酒の中に香木系の印象。
飲み口は酸味を伴った甘さを感じる。そして柔らかいピート。甘さが膨らむ前に強めの刺激がやってくる。この刺激は結構ピリピリしていて、グレンフィディックと共通するものの様に感じられる。しかし結構複雑な甘さである。
余韻は木質系の芳香を感じさせる。ビターも樽由来のものだとハッキリ判る。

少し加水して様子を見る。若い酒の風味が柔らかくなって味が判りやすくなる。
微かに燻煙香を感じる。コクの部分はライトな感じだが複雑な味と香り。
甘さの山が来る前に強めのスパイス。唐辛子風味。
甘さに酸味がついて回って若干の干した杏の味がする。ビターがじわじわとやってきて甘さと重なった時、これも仄かな甘草。ビターはちょっと勝ち気味。
余韻はやっぱり木の香り。オーク樽ってこんな感じなのかも。
画像

味わいが複雑だが厚みが無いので水割りにすると魅力が半減する。
と言う場合はやっぱりロックだろう。ということでロックで飲む。
刺激は若干柔らかくなるが唐辛子はそのまま。
でも複雑な感じがよく判って良いかもしれない。飲むならトワイスアップ程度の加水か、ロックで飲む方が良い様である。

この酒の値段は1000円程度なので間違いなく『1000円スコッチ』に分類されるが、値段よりは上質で複雑な酒である。とてもい良い感じ。
少し味の厚みが無いのは残念だが、費用対効果の高い良い酒であるのに間違いはない。

最近は「旨い酒を少々」を信条にしているので一寸高い酒ばかり飲んでいたが、この値段でこれが買えるならこちらの方に流れてしまいそうである。

とはいえまた暫く禁欲的願掛け断ちの時期がやって来る。

出来れば早い目に進路を決めてくれたら、心ゆくまで祝杯が挙げられるのに…と思う今日この頃である。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
かわいい

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
貴殿の家族を思う
願掛けによる酒断ちは
願いに取り組む姿勢に大変な
価値があるとわたくしは思います。

もう、あと数年でめでたく
親子酒が実現しますヨっ!

ゆるりとまいりましょう〜。
四の字硬目
2014/01/27 17:17
四の字硬目さん コメント有り難うございます。

実は今日からしばらくの間、ウィスキー断ちの期間に入りました。
この間の時は奥様が「これからずっとウィスキー断ちをすればいいのに。ついでに煙草も」とか言いやがったので、期間が明けれたらガバガバと飲んでやるつもりでおります。

上の子とはたまに親子酒をするのですが、我が家にいる受験生は付き合ってくれるかどうか不透明です。
ただ、親の負担のことは人一倍感じているようではあります。

確かに余り結果を急がずに、ゆっくりと構えることにします。
その方が頼りがいがあるようにも錯覚してくれることでしょうし…。
Nori
2014/01/27 18:11
こんにちは! 〈グランツ・ファミリーリザーヴ〉ですね。これは仰るように、グレンフィディックと同じデザインのようです。非常に飲みやすく、そして弱めではありますがウィスキーらしさも備えている一本ですね。
御子息御令嬢の試験がうまくいくようお祈りします。
只野乙山
2014/01/28 09:34
乙山先生 コメント有り難うございます。

この酒は値段の割にはなかなか良い酒ですよね。
弱いながらに樽香やピート香もあるちゃんとしたウィスキーだったので少々驚いています。
1000円ものには希有な余韻までしっかりあったり。
実はこれも以前拝見した乙山先生の記事から選んだものなのです。

ウチの子供の事でお気遣い頂きまして申し訳ありません。
最終的には巣立つなり家に居付くなりすると思いますが、経過でヤキモキするのは仕方のない事かなと。

春先に旨い酒が飲めればいいなと願うばかりです。
Nori
2014/01/28 12:24
私なんかは願掛けをしたことがありません。
どうせ守れないのが分かっているから・・・

ところで、このビンは私の行きつけの酒屋によく目にしますよ。
では今度手に取ってみましょか・・・
三友亭主人
2014/01/28 23:12
 あ、これ飲んだことありますよ。ちょっと刺激的というのは、おぼろげなる記憶と一致しています。

 蒸留酒はまず二日酔いしないので健康によろしく(?)、毎日飲んでも大丈夫。ぼくなら断酒せずに、成功を祈りつつ飲み続けるでしょう(笑)。
薄氷堂
2014/01/29 12:40
三友亭主人さん コメント有り難うございます。

実は今1つめの関門が終わって帰宅したところなのです。
今のところ願掛け断ちは継続中です。
これが祈願が明けた時に得も言われぬ美酒になるか、苦い酒になるかは神のみぞ知るところです。
出来れば旨い酒が飲みたいなと…。

ところでこの『グランツ』は値段よりもずっと良い酒ですよ。
少しライトタイプですが、樽の香りのちゃんとする酒です。

とか書いてると思わず飲みたくなってしまいますが。
Nori
2014/01/29 19:52
薄氷堂さん コメント有り難うございます。

そうなんですよ。結構若い酒の刺激が強い割には、香りがアルコール臭くないところが良くできている思います。
因みに醸造酒に含まれるアルコール化合物は何種もあって、それを処理するのに肝臓がフル稼働するらしいのです。
蒸留酒は単一の化合物しか無いので肝臓には良いと…。

でも好きなものを断つというのが『願掛け断ち』なので、ウィスキーより好きな女性を断ってるから良いかとも思うんですけどね。

それはそれ、これはこれと…。
Nori
2014/01/29 20:02
こんにちは。天候不順の昼下がりに今回はこのグランツを舐めてます。
封を切った時にこなれた樽香。口当たりは割合穏やかでキックは強くなく、アルコールの刺激も気にならず。この点、ティーチャーズとは対照的だと感じました。
風味もナッツのような、まろやかでクリーミーなコクとピートの塩梅が心地よく、スパイスが後からじんわりと。
ロックではやや苦味が立ちますね。

ポピュラーなスコッチ3種ほどのクセはないけれど、飲みやすくバランスのとれた好い1000円スコッチですね。
個人的に当たりでした♪

でも、休日にこうしてまったり出来るのはつくづく恵まれているのだなぁ。
つっち
2015/09/13 14:31
つっちさん コメント有り難うございます。

大変返事が遅くなり、申し訳ありません。
パソコンがぶち壊れてから家の中ではパソコンに触れない状態が続いていたのです。
詳細については記事にしておりますが…。

この酒はスパイシーな部分を除けば、当たりの柔らかい旨い酒ですよね。この値段で樽の風味を感じられるという酒は案外少ないので、お小遣いが乏しい時にはお世話になってます。

しかし休日にウィスキーを飲んでマッタリ出来るというのは羨ましいです。
この間まで治ることのないパソコンとの格闘に明け暮れていましたから。

たまにはそんな休日を送ってみたいと思うのですが…。
Nori
2015/10/02 09:01

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ライトだが複雑 グランツ ファミリーリザーブ この辺りの者でござる…/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる