この辺りの者でござる…

アクセスカウンタ

zoom RSS ある意味ベーシック サントリー 角瓶

<<   作成日時 : 2014/10/03 07:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 12

一時期ホットウィスキーなるものが流行った。
今なら誰でも知っていることだが、ウィスキーの香味成分というのは揮発性のものを多く含んでいるため、熱してしまうと大切な風味が飛んでしまう。語弊があるかも知れないが、一手間加えて敢えて不味くしてから飲むやり方であると言える。だから当然のこと乍ら自らやったことはない。

以前の記事にもしたがウィスキー嫌いになった理由が、先輩の部屋で飲まされるウィスキーが旨いものじゃなかったからだ。そして何より時折出されるホットウィスキーが苦痛以外の何者でもなかったのだ。実のところそれに使われていたのがこの『角瓶』なのだった。
画像
人間には本来防衛本能が備わっていて、一度辛い思いに遭ったものには接近したくなくなるのは当然である。ところが近頃の『角ハイ』流行りで他の酒が終売になるくらいの状況である。酒類売場に行けば角瓶兄弟が幅をきかせて並べられている。
そんな状況を横目で見て、みんながどんな酒を飲んでいるのかに興味を持った。

それとサントリーの酒について正直な感想を書くと、必ず極めて冷静でないコメントを残すヤツが出てくるのが面白いのもある。不思議な事にニッカやキリンの酒についてネガティブな感想を書いても何も無いのに、サントリーの酒については人格攻撃を含む問題のあるコメントがつくのだ。

まあ某巨大掲示板で社員のステマやらネガキャンやらがバレた事もあり、まさか社員の仕業ではないと思うが、こんな所にまで来るというのはとてもご苦労な事である。
ついでながらその掲示板で「酒の味なんてみんな同じだ」とか書き込んでいた社員も居るという噂もある。
実に正直で面白い話ではある。

元々この酒は白札と赤札が思ったよりも売れなかった反省から、日本人にも馴染みやすい味を目指して造られた酒である。今でこそ安酒に分類されてしまったけれども、CMに三宅一生を起用するなどミドルクラスの上位に位置する酒だったのだ。

色は綺麗な琥珀色。匂いは若干の甘い香りと大半を占める若いアルコール。少し鼻を突くくらいの強さ。飲み口は最初あっさり目の甘さが立ち上がる。その後に味のふくらみを感じられるのは良い。そして強めのスパイスとビターがやってきて、最後にはビターが舌の上に残る。余韻の香りも微かである。

面白いのはどこにも尖った部分が無いこと。敢えて言えば若い酒由来のビターは少し尖り気味ではあるが。そして宣伝にあるようにハイボールにしてしまえば、これらのネガティブな部分は消えてしまうなと想像出来ること。
穏やかさを旨とするサントリーのベーシック版だというのはよく判る。
画像

どこにも尖ったものが無い事の利点は、他の酒を飲んだ時にその個性を把握しやすくなること。そんな訳でこの間記事にしたロバートブラウンが目指したものも判りやすくなったし、ジョニーウォーカーのダブルブラックのスモーキーさも痛いほど理解出来た。
ついでにシーバスリーガル12年の懐の深さも。

ただ私は禅堂に居る訳ではない。ストイックなまでに酒の味を追求しようとも思っていない。ただ旨い酒が飲みたいと言うプリミティブな衝動で飲んでいる。
これは私だけではなく多くのウィスキー愛好家は同様なのだろうと思う。

この値段で売るのは別に良い。だけどモノを知っている人達は、類似する値段で置いてあるバランタインのファイネストやジョニ赤・グランツファミリーリザーブなどと見比べて、果たしていずれを選択するのだろう。
そしてこれよりも安いハイニッカの方が『練れた』感覚があることを知っている人は…。

まあそんな意味からこのボトルがあるうちは、舌をリセットさせる用途に使わせて貰おうと思っている。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
私はウイスキーのお湯割りは時々しますよ。

冬の寒い夜、少々風邪気味の時なんかには、こいつにレモンを多めに絞ってクイッと・・・あとはあったかい布団で一眠りすれば、翌朝には風邪なんかどこかに吹き飛んでいます。
まあ、この時は味は二の次で、目的は温まる事・・・

こういう飲み方があるって教えてくれたのは、独身の頃よく行っていたお店のママ(「おばちゃん」の方が適切かな)。このお店の銘柄は「オールド」。
そんなおばちゃんも・・・この世にはもういません。
三友亭主人
URL
2014/10/03 07:17
三友亭主人さん コメント有り難うございます。

身体を温めるためのホットウィスキーだったらいいのですが、説教や自慢話を聞きながら飲むのは結構キツいものがありました。
当然レモンなんかはありませんでしたし、口を近づけるとグワっと来るアルコール臭には参りましたね。

そしてコメントを拝見していて、以前の記事にも書いた学校の近くにある喫茶店のママさんの事を思い出しました。
そのママさんも既にお亡くなりになったという事です。

今や大学の近くに行っても知人など誰も居なくなりましたね。
Nori
2014/10/03 13:22
NHKの朝のテレビ小説が
日本最初のウィスキー造りの話ですね。
高校三年の時、運動会と文化祭の打ち上げで
立川の純喫茶を借り切り、コンパをしましたね。
あの時代の僕らのウィスキーはオールドですね。

例えば、テレビ番組の掲示板などでも
匿名的意見というのはどうしてあれほど
知ったかぶりで上から目線で品がないんでしょう。
根岸冬生
URL
2014/10/03 16:27
根岸さん コメント有り難うございます。

実は内緒なのですが、今回の連ドラはBDレコーダーに録画をして見ております。今までそんな事なんかしなかったんですけどね。
結構オーバーな脚色もあるのですが、まあまあこんな感じだったのだろうと力を抜いて見ています。

以前料理番組への意見を読んだことがあって、別にそんな事に目くじら立てなくても良いのに…という意見が大半だった様に覚えています。
このブログへのコメントでもサントリーの酒を擁護したい気持は判るのですが、「この味が判らないのは馬鹿だ」という言い方をしている方が特殊なように見えてしまいます。
ブログにしても掲示板にしても完全に匿名という訳では無いんですけどね。

ちなみに高校生が店を貸し切ってのコンパをするって、結構凄いことですね。
田舎の高校生は離れに勉強部屋がある奴の家にいつもなだれ込んでました。
卒業式の時はマグロになった奴が沢山並んで、ホントに築地市場のようになってましたね。
Nori
2014/10/03 16:46
こんにちは! 角瓶はオールドの次にお世話になったウィスキーで、サントリーの中では安いけれど良いものだという印象を持っていました。「角ハイボール」の流行が起きる前の話ではありますが。今は、微妙に中身が変わっているんじゃないかと思います。
ひどいコメントを書く者がいるというのは残念なことです。こちらもテレビドラマの影響でアクセス数が増え、どんな輩が現れるか戦々恐々としております。対策としてコメントを認証制に変更しました。変な奴が現れぬことを願っています。
只野乙山
URL
2014/10/06 11:33
乙山先生 コメント有り難うございます。

私は角瓶というのはもう少し飲み応えのあるモノだと思っていましたが、正直な話若い酒の風味が強い個性が感じられない酒だったのに拍子抜けしました。
仰有るように中身が少し変化しているという事なんだと思います。
プレ角の印象が結構良かったので期待していた部分ではあるんですけどね。

某巨大掲示板の影響で、無責任なコメントを書き込んでも大丈夫だと勘違いしている人間が多くて、ブログではしっかり足跡が残るのを理解していない様です。

信じられない話ですが、その巨大掲示板では社員が勤務時間内に色々な書き込みをしていたようです。
自社の宣伝だけだったら大した問題でもなかったんですけどね。
Nori
2014/10/06 18:34
私も角瓶は苦手です。
ロックで飲むのが多いですが、白角や黒角は問題なくても、ノーマルの角瓶だけは悪酔いします。
大量に作っているから質が悪くなっているとは思いたくないです。

本当に自社の製品がいいと自負をするなら、他社製品や貶める意見を糾弾する必要などないはずです。
鳥井信治郎が今の社員の行動を見たらどういうでしょうかね?
RERA
URL
2014/10/16 22:52
RERAさん コメント有り難うございます。

私はこの角瓶を舌のリセット用に使っています。
個性が希薄なのは他の酒の個性を知る上でとても便利なのです。
ただこれが日本のウィスキーだと胸を張って自慢出来ないところがあって、日本人は飲みやすさだけあれば良いのだと誤解されてしまうかも知れません。

逆説的に言うとこれが『サントリーが渾身の力で作った日本人向けのウィスキー』なのかも知れません。
まあ仰有る通り自社製品に自信があれば、他社製品のネガキャンとか他社のファンを罵倒するなどの行動には出ないものだと思うんですけどね。
Nori
2014/10/17 10:10
ホットウィスキーを飲んだ事が
ありますが
やはりアルコール臭が鼻についてしまい
駄目でした。
ホットワインもどうも苦手です。

卵酒のように風邪対策などで飲むのでしょうか?

ウィスキー初心者
2014/10/19 23:19
ウィスキー初心者さん コメント有り難うございます。

ホットウィスキーは基本的に身体が芯から冷えている時に飲むもので、例えば冬山で寒い目に遭ったときなんかだと思います。
レモンを搾ってとかだとカクテルの扱いになるんでしょうけど。

多分に慣れの問題なのでしょうが、清酒と紹興酒と焼酎以外で熱いものは厳しいと思います。
旨いと思える飲み方も人それぞれなんでしょうけどね。

Nori
2014/10/20 14:09
この頃は些かクールダウン気味でした。

角サン、世間的にはスタンダードですよね。自らは滅多に飲まないのですが、たまに外呑みでハイボールを頼んだときくらいは。
無論、一通りは経験しておりますが確かにストレートでは固い印象が先立ちます。深みや密度よりも外骨格の角や辛さが、差し詰め昆虫のように。ロックでは幾らか角がとれ、鼻につくアルコールの揮発もやや収まるのですがそれでもやはりハイボールが一等無難な印象。
これが黒角なら、甘みやボディも感じられて炭酸に頼らずとも割合スムーズに飲まさるのですが。

どこでも出回ってるラインナップで、僅差の実勢価格帯なら(やや安い)バランタインやホワイトホース、或いはジョニ赤やニッカのリッチブレンド(たまにキリン富士山麓)辺りをローテーションしてますヨ〜。

余談ですが、ホットウィスキーという飲み方は吟醸酒を燗つけるような所業ですな。
人肌燗なら香りがたってありなのですが、グラグラの熱燗で味もへったくれもない点で。
つっち
2015/07/19 08:27
つっちさん コメント有り難うございます。

私もこの酒はハイボールにするのが一番旨い飲み方なんじゃないかなと思います。
ちょっと一身上の理由でこの会社の酒はスルーしておりますので、このシリーズの事は記事にしておりませんが、私も同じ様な感想を持っています。

なので仰有る様に、これに似た価格帯のものだとバランタインやジョニ赤・デュワーズ・グランツ・リッチブレンドなどで、私もローテーションをしております。

確かにホットウィスキーというのは、吟醸酒を熱燗で飲む様なものですよね。的確な表現で思わず膝を叩いておりました。
一説によればウィスキーというのはスコットランドの常温で飲むのが一番らしく、それだと日本ではボトルごと冷蔵庫に入れないといけないと言う話になりますが。

根性と気合いが足りないので、なかなかそんなチャレンジはしませんけどね。
Nori
2015/07/19 12:16

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ある意味ベーシック サントリー 角瓶 この辺りの者でござる…/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる