この辺りの者でござる…

アクセスカウンタ

zoom RSS またまたのご無沙汰で

<<   作成日時 : 2015/05/20 23:05   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 12

こうも度々ブログをサボってしまうのは、どういうつもりなのだろう。
時折このブログを訪れて頂く方は「またか…」と思われているに違いないが、私自身も自分にじっくりと話を聞いてみたいものである。
まあ物理的に余裕がなかった事もあるし、その気になれなかったという事もある。

ブログ記事として公開するからには多少とはいえ自分以外の人の目に触れるものであるから、心の中の鬱憤を羅列しても他人様が気を悪くするだけの事だし、そんなものを書いていても少しも気が晴れるというものでもない。
といった訳で気持ちが落ち着くのを待っていたというのが正解かも知れない。
画像

身辺で何があったかは前の記事にした通りだが、一度どん底にまで落ちたモチベーションというのはなかなか回復しないもので、真剣に仕事をする気になれなかったのだ。
すると巡り合わせというのは面白いもので、原因不明の足の腫れに見舞われたのであった。
ことわざに『弱り目に祟り目』とか『泣きっ面に蜂』とか言うが、まさに絵に描いたようなそんな状態に陥った。

最初は足の小指周辺の腫れだけだったのが暫時領土拡大を始め、ジワジワと上方向に侵攻して脛を越えて膝まで版図を広げてしまったのだった。それでも怒濤の侵攻は止む事が無く、内股に違和感が発生したのを機に病院へ行った。
その日の仕事を終えて家で横になり「明日病院にでも行くかなぁ」とのんびり構えていたら、奥様が私の足を見て半分パニック半分涙目になって病院に電話をして、受けた先生も「一刻も早く来て下さい」と言ったものだから、気が付いたら車に押し込まれ半泣きの奥様の運転に身を任せていた。
画像

奥様が泡を喰ったのも当然で、その時の私の足はまるで象の足の様だったのだ。
足の関節は言うに及ばず、くるぶしも何処にあるか判らない状態だったのだから。ちなみに足の幅は倍くらいに拡大して、靴も履けない状態だったのは言うまでもない。

病院に着くや否や採血やら点滴やらのオンパレードで、本人はさほどに思っていなかったのに反して、事態は緊急を要するものであった事はあまり賢くない私にも察せられた。
それから奥様は心細げに点滴を打たれている私に寄り添って、軽いいびきをかきながらうつらうつらと付き添ってくれたのだった。まあ一安心したのだろうけれど。

それから次の日も朝イチで来いと言われたので、病院に行き抗生剤入りの点滴のボトルを空ける事に…。2日で2本なんて今まで経験した事ないなぁ…と漠然と馬鹿な事を考えたり。後から下手したら患部切開だったと聞いて青ざめたのだった。
次の日も朝イチで来れないかと聞かれたけれども、さすが3日で点滴ボトル3本には気が引けて、「3日後だったら来れます」と返事をした。
画像

てな訳で現在は腫れが引いたシワシワの足を眺めながら、毎食後に抗生剤を常飲する毎日である。当然ウィスキーばかりでなく酒という酒とは縁遠くなった。
なんという健康的な毎日。しかし煙草はそのまま。

とかブログをサボった理由になっているかいないか定かではないけれど、長期休暇中にも関わらずコメントを頂いた方に御礼を申し上げます。
そして返事が大変遅くなりました事をお詫び申し上げます。

けっしてブログを止めた訳ではありません。

少しずつ更新していきたいと思っておりますので何卒ご容赦を。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
ナイス

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは!
足の腫れは相当ひどいものではないかと想像します。
ご無理をなさらず、どうぞお大事になさってください。
只野乙山
URL
2015/05/21 14:18
乙山先生 コメント有り難うございます。

色々な事情で大変ご無沙汰をしておりまして、誠に申し訳ありません。
精神的な脱力感から立ち直りかけた時の病気だったので、少しばかり滅入ってしまいました。最近は少し立ち直っておりまして、締切のある仕事に立ち向かっております。
まあ、少しばかり酒が飲める様にはなってきておりますので、味わう程度には再開しようかなと思っているところでして。

この記事を上げる時に結構面白くなってきましたので、徐々にこちらも復活しようと企んでおります。
そちらのブログにもまたお伺いさせて頂きますので、何卒今後共宜しくお願い致します。
Nori
2015/05/21 16:50
これはまた大変でしたね。ウイスキーならばボトルを何本明けても・・・とは思うのですが、点滴ではねえ・・・

またウイスキーを飲むような気分になる事・・・そして、いつものペースにお戻りになる事、お待ちしています。
三友亭主人
URL
2015/05/21 20:37
たいそう難儀でしたね。ご自愛下さい。
自分も先月のとある夜半に原因不明の炎症?で右顎から
リンパの辺りがパンパンになったことがありました。
病院で徒に待たされるのは厭なものですた。

でも、酒が呑めないのはもっとしんどいデスね・・・。
つっち
2015/05/21 21:19
三友亭主人さん コメント有り難うございます。

最初の点滴が良く効いたおかげで、3本目の点滴は打たなくても良くなりました。しかし度重なる血液検査もありましたので、腕には沢山の小さな黒アザが…。

まあ今だからそんな事を言ってますが、腫れている最盛期には「これ、治るんかいな」と心配だったのは事実です。
そして今既にウィスキーを飲みたくなってます。但し完治するまでは飲んでも旨くないだろうから自粛中なのです。

これを機に断酒なんて事は無いと思います。
ただ記事は少しずつ上げて行こうかなと考えています。
Nori
2015/05/21 22:00
つっちさん コメント有り難うございます。

他の記事でコメントを頂戴していたのに、なかなか返事が出来なくて申し訳ありませんでした。
象のような足の腫れが引いたかと思ったら元に戻ったりして、気持ちも安定した状態ではなかったのです。一番参ったのが足の裏まで腫れて、通常歩行が出来なくなった事でした。

確かに仰有るように病院で待たされるのは、所在が無くて何か嫌なものです。通院するウチに慣れてきて、自動受付機や精算機の使い方をおばさんに教えてあげたり、人間観察をする様になりましたね。
結構病院って人間の素の姿が現れてくる場所だと発見しました。

しかし顎の辺りの腫れというのは大変でしたね。
何をするにも顔の周囲の言うのは不都合が生じやすい箇所ですから。

ちなみに奥様から「全然お酒を飲まんようになったね」と褒められてます。
直に浴びるほど飲んでやると思ってますけど。
Nori
2015/05/21 22:32
 それは大変でしたね。

 ずいぶん以前のことですが、ぼくも皮膚に異常をきたした経験があります。今にして思えば、男性の更年期障害だったのかもしれません。それはいつの間にか治ってしまいましたが、その代り老化がはじめったというお粗末(笑)。

 まあ、お互いブログはゆっくりやりましょうよ。ときどき巡回していますから、一ヶ月や二ヶ月休んでもだいじょうぶ。

 宮仕えは苦しいけれど、いずれ解放されるときが必ずやってきます。その頃には子安の塔もきっと落ち着いた色合いになっていることでしょう。
薄氷堂
URL
2015/05/21 23:16
薄氷堂さん コメント有り難うございます。

この間はコメントを頂いたのに、返事が遅くなってしまい申し訳ありませんでした。

日頃の不摂生のお蔭なのか、身体の抵抗力が低下していたようです。取りも直さず老化現象だったのでしょう。
確かに45歳を過ぎてから急に『ガクッ』と色々なものがやって来まして、男にも更年期障害っていうものがあるのだなと自覚しております。

私の周囲にも『鬱』を発症した者やら原因不明のぜんそくに罹った者もおりまして、私一人のみ無事でいる訳がないわなぁと振り返ってみております。
宮仕えはストレスが溜まりますけど、今は物事を俯瞰して見られる様になったお蔭で随分楽になりましたね。
でも『悟り』の境地に入った訳でもないんですけどね。

そしてお言葉に甘えてブログの方はゆっくりとさせて頂きます。
酒の方もゆっくりと味わえる状態になった頃に再開していこうかなと考えています。
Nori
2015/05/22 08:47
そうそう
男性も加齢と共にホルモンバランスが崩れるので
更年期障害があるそうです。
自分も老眼が進んでおります…

ブログもお酒も逃げませんから
ゆっくり行きましょう。


ウィスキー初心者
2015/05/27 17:30
ウィスキー初心者さん コメント有り難うございます。

今朝まで仕事で外に出ておりましたもので、返事が遅くなって申し訳ありません。

とあるお医者さんによると『女性の更年期障害より男性のものの方が怖い』そうです。私が思っていたより色々のものがドサッと一辺にやってきたので、なかなか頭の方が追いついていかない事が多いようです。
なんにしても無理は利かなくなってきてますね。

老眼は私も進行中でして、今持っている老眼鏡が合わなくなってくるのでは…と戦々恐々としております。

ブログもお酒もゆっくりやらせて頂きます。
付き合いが悪くなった様な感じがするでしょうが、そんな事はありませんので、今後共どうかお付き合いを。
Nori
2015/05/28 11:47
きれいです 吸い込まれるように 写真の中に  
 ありがとうございます
優里きこ
2015/11/13 10:23
優里きこさん 始めまして。 コメント有り難うございます。

この写真は初夏に京都の宇治にある三室戸寺に行った時に撮ったものです。
本来ツツジやらシャクナゲやらの写真を撮りに行ったのですが、紅葉の若葉が綺麗だったのでついつい撮ってしまいました。

実は根岸さんのブログからそちらのブログにジャンプして、海の風景などをこっそり拝見しております。
そちらの景色もとても綺麗ですよね。
時折お邪魔して写真を拝見させて頂こうと思いますので、今後共よろしくお願いします。

また最近山に分け入って撮影をしておりますので、そちらの方の写真の感想など頂けたら幸いです。
Nori
2015/11/13 12:39

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
またまたのご無沙汰で この辺りの者でござる…/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる