この辺りの者でござる…

アクセスカウンタ

zoom RSS 秋口から年末拾遺 その1

<<   作成日時 : 2016/01/11 07:00   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 6

新しい年を迎えて松の外にいるというのに、去年の秋の話題である。
来年の話をすれば鬼が笑うと言うけれど、去年の古い話題をもったい付けて話しても鬼が欠伸をするくらいのものだろう。
という訳で積もり積もったブログネタを拾ってみようかなと。

今私が一番熱中しているものは、云わずと知れた自転車である。
元はと言えば健康診断の結果、かなりハイレベルな数値を記録した事により保健婦のオネー様の電話攻勢を受けた際、しつこく「運動せえよ」と言われた事に反応して「自転車に乗るつもりじゃい」と言ってしまった事を起源とする。
まあ簡単に言えば『売り言葉に買い言葉』だった訳で。
画像

まあそれでも面白いから今でも続いているのは間違いない。そして最初の目的であった滝に行けたのも大きかった。
それでちょっとイイ気になって、もっと遠い所に行ってみたくなったのだった。

前回の滝の時には充分な準備期間を持ったのだけれど、案外すんなり行けてしまった事から今回はよりアバウトな計画で行動を起こした。思い切りイージーゴーイング。
行き倒れかけたら知人の軽トラックで運んでもらおうと。
名付けて『死して屍拾ってもらう作戦』。

場所は身の程知らずにもUCI(国際自転車競技連合)のアジアツアー2.2に指定されているステージレースに使われているコースである。
とは言えコースをまんま走ると死んでしまうのは、火を見るよりも明らかである。なので一番厳しいところを断腸の思いでカットした、謂わばなんちゃって山岳コースを走る事にした。歳をとると中途半端な達成感でも満足出来てしまうという精神的荒技が使える様になりましてな。
画像

あまり詳細な事を書くとその場所が特定され、私がどのようなコースを走っているのか判ってしまうので詳しい記述はせず、明らかに判る写真はアップしない。何故秘匿するのかと言えば私はあくまでも『この辺りの者』であり、何処にでもいるオッサンで居たい事と、コースがバレるとブログを読んだ人が道中に待ち伏せて投石などの手荒い歓迎をしてくれる可能性があるからだ。
全く以て『不徳の致すところ』でございまして。

実のところ職場でも一部の人間にしか自転車に乗っている事は言っていない。
それは前述の様な狼藉に及ぶ人間がいないとも限らないのもあるが、私のプライベートを知られたくないというか知られる必要もないと思っているからである。
まあ言ったところで理解できる筈も無いだろうし。
画像

そんなこんなで当日は頗る快晴。絵に描いた様な自転車日和だった。
これも内緒の話だが、記事を見るといつも晴天に恵まれているかの様に見えるけれど、前日の天気予報を見て、晴天でないと出かけないという固い信念が有っての事である。
有り体に言えば「天気の悪い時には乗らねー」だけの事だったりするが。

だが私の大きな誤算は、そこに行くまでの道中が斜度9%の坂の上り下りが続く山岳コースだったという事だ。

普段車に乗ってると斜度というものには結構無頓着だったと反省した訳で。

(以下次回に続く)




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス
かわいい

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
健康診断、本当にメンドクサイです。
僕は、「引っ掛かったら、いちいちうるさいんだよ」という理由で
15年間拒み続けています。
その代わり、時々病院にお世話になると、無理やり検査されて
自分の体の客観的数値はちゃんと把握しております。

こうなると、人事総務からなんか言われても
ちゃんと言い訳できる。

変に運動をすると、どこか、やってしまう可能性があるので、
僕は運動は控え目です。はい。
根岸冬生
URL
2016/01/12 14:06
根岸さん コメント有り難うございます。

健康診断自体はどうと言う事も無いのですが、その後の保健婦指導という奴には閉口します。
やれ「食生活を改善しろ」だの「定期的に運動しろ」ならまだ良いのですが、「煙草を止めろ」「酒を飲むな」とか絶対に受け容れられない条件を提示しますから、結局は交渉は決裂する方向にしか進みませんよね。

とある小説家が言ってますけど『保険料軽減』の名の下に、全国津々浦々のオッサン達のウエストサイズを計測する為に、数十億円の巨費が投じられて居るようです。

私も自分の現況についての分析はしておりまして、何をどうやったら良いかのビジョンは見えていますので、現在その方向に動いている状態なのです。
だからお役所なり保健婦のオネー様なりに四の五の言われたら、「大きなお世話だ馬鹿たれ」と言いたくなる訳です。

誰しも自分に合ったやり方がベストだと思うんですけどね。
Nori
2016/01/13 11:34
私も体のほうは年末に調べています。まあ、職場の関係で人間ドックが安く受けられるので結構念入りに・・・時期は自由に選べるのですが、私が年末にしているのは、正月に心置きなく酒を飲むため・・・

良かったらよかったで大いに飲み・・・悪かったら悪かったでせめて正月が終るまでと飲み・・・口実作りに利用しています。

肝臓のほうは・・・一度数値が悪くなった時から、沖縄のほうからウコンを取り寄せるようにしていて・・・おかげでそれ以来
私の臓器の中では一番の優等生です。
三友亭主人
URL
2016/01/16 07:59
三友亭主人さん コメント有り難うございます。

私の肝臓は一時期大きく成長していた様で、エコー検査の時に医師から「ほーらこんなに育ってる」とお褒めの言葉を頂くほどでした。
ですが自転車に乗る様になってから、今まで肝臓に蓄積されていたグリコーゲンを消費する様になって、あまり成長しなくなってしまったようです。そのせいで結構ハイレベルな記録を更新するともなく、正常範囲の中で行き来している状態なのです。

その副産物なのかウエストも絞れてきて、最盛期に買った服に余裕が出来てきました。ただし、太ももの周りが大きくなっている様で、そちらのサイズが合わなくなって結局スーツは新調しましたけど。

ただ以前の様にダラダラと沢山の酒は飲まなくなりましたね。
時折味わう様な飲み方をしているので、酒の消費量が劇的に減ってしまいました。
その分おサイフが潤っているかと言えば、そうじゃないところが人生の面白いところです。
Nori
2016/01/16 09:16
会社の健康診断

まあ一応受診していますが…
こちらは高校時代からほとんど数値変化無し。

家内の方は…

歳と共に成長しております。





ウィスキー初心者
2016/01/21 22:53
ウィスキー初心者さん コメント有り難うございます。

おお、昔から数値に変化がないというのは羨ましいですね。
私はここ数年に色々な数値が高くなってきて、最近は自転車に乗る様になってから少し落ち着いている様な状態です。

その中で基準値を大きく超えているのが、BMIという標準体重との違いです。
私は元々筋肉質なので普通の人より質量が大きいのですが、このBMIと言う奴はそんな事に関係なく設定されています。だからこれで言う標準体重だと、かなり不健康に痩せ込まないと達成出来ない数値なので知らん顔してますけどね。

ウチの奥様はゴロゴロ寝てお菓子をバリバリ食べてるクセに、夕食時には「少しご飯を控える」とか、一番やってはいけない事ばかり繰り返しては、「ちっとも痩せへんなぁ」とか身勝手な事をほざいてます。

「そんなんで痩せるか」っていつも言ってやるんですがね。
Nori
2016/01/22 08:50

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
秋口から年末拾遺 その1 この辺りの者でござる…/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる