この辺りの者でござる…

アクセスカウンタ

zoom RSS 伝統の顔 ブラックニッカ・スペシャル

<<   作成日時 : 2017/09/17 07:00   >>

かわいい ブログ気持玉 42 / トラックバック 0 / コメント 11

ウィスキーの記事は実に久しぶりである。
名人でもないサボリ屋のオッサンが長考に入っていた期間、全然飲んでいなかった訳ではない。押し出しの強い奥様の言う事をまともに聞かない親父が、別段押し出さない医者の言う事を聞く道理がありましょうか。少しばかり加減をしたのは事実ですけど。

今年もいつもの健康診断を受けた際に、医師の内診で「お酒はどの位飲みますか?」と問われたので「1合から2合くらいですかね」と答えた。医師は去年の肝機能の数値を見て違和感を持ったのか「まさか焼酎とか言わんよね」と少し非難の色を滲ませつつ聞く。
私は笑いながら「いやいや、ウィスキーですよ」と答えたら、医師が急に深刻な顔をしたのは言うまでもない。
何時如何なる時でも、話を落としにかかるのは関西人の宿命というもので。
エセ関西人とは言え。
画像
そんな訳で御存知のようにブラックニッカスペシャルはニッカ伝統の酒であり、ラベルの「キング・オブ・ブレンダーズ」のローリー卿は昔ながらである。
昭和31年(1956)に特級ウィスキーとして発売された初号ブラックニッカが、昭和40年(1965)にカフェグレーンをブレンドした「特級を凌ぐ一級」というブラックニッカの基本となる改良を受け、昭和60年(1985)にリファインされて出来たのが現行のスペシャルだという事。つまりはブラックニッカの正当な後継者。

グラスに注いで香りを見る。派手ではないが寝かせた酒の香りがする。甘さを持ったエステル香。しかし強く嗅ぐとツンと来るので要注意。フンワリと嗅げば良い感じである。
飲み口は先ず甘さを感じる。そして柔らかいピート。煙は余り感じない。
甘さの山を登り始めると五合目辺りから来るスパイス。結構刺激的。その背後には酸味が少しと渋味。この渋味は新樽由来かも知れない。
スパイスが弱くなると広がる木質様のビターと渋味。派手に香る余韻は薄いが、しっかり舌に蓄積する芳香。ニッカの個性。

いつものようにホンの少しの加水を。
ツンと来るものは落ち着く。実に良い香りである。加水するとゆっくりした挙動の中から新しい香りが顔を出す。ストレートで飲んだ味の構成がそのままスロー再生される。
スパイスは若干落ち着くが山椒風味のまま。
加水してしばらく置いた方が甘みは感じやすいかも知れない。
画像

これもまたいつものようにロックで。
するとどうだ、先ほどまでのピリピリ感は押さえられて非常に具合が良いではないか。その上甘みの山と結構複雑な味の構成を感じやすくなる。舌の上に残る旨味もよく判る。ロックで飲めば旨いなぁ、これ。気が付いた時には結構な量を飲んでいた。
但しピークの時間が短いので要注意。

ボトルから感じる古典的な雰囲気そのままに、古典的な面影を残している旨い酒である。そして値段も1,000円ちょっとで入手出来る手頃さで。
昔からの贔屓が多いのもよく判る。

値段よりも遙かに複雑で面白い、そしてこれが1本あれば良いかなと思える良酒である。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 42
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

コメント(11件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして。
半年ほど前からウイスキーにはまり、いろいろ検索するうちにこちらのブログにたどり着きました。
それ以来ウイスキーの記事をほぼ毎日楽しく読んでおります。
(記事を参考に、幾つかウイスキーを買ったことも……。)

ブラックニッカ・スペシャル、私も好きなウイスキーです。
上手く表現できませんが、程よい甘さとチョコっぽい独特の味わいが特に好きです。
バランスが取れていて、お値段が安めなのもうれしいですし。

難点は、売っているお店が少なめなことですかね……
(地域差があるのかもしれませんが)。

これからもウイスキーの記事を楽しみにしてます。
ミロン
2017/09/17 15:20
はじめまして。
半年ほど前からウイスキーにはまり、いろいろ検索するうちにこちらのブログにたどり着きました。
それ以来ウイスキーの記事をほぼ毎日楽しく読んでおります。
(記事を参考に、幾つかウイスキーを買ったことも……。)

ブラックニッカ・スペシャル、私も好きなウイスキーです。
上手く表現できませんが、程よい甘さとチョコっぽい独特の味わいが特に好きです。
バランスが取れていて、お値段が安めなのもうれしいです。

これからもウイスキーの記事を楽しみにしてます。
ミロン
2017/09/17 15:21
ミロンさん はじめまして。
コメント有り難うございます。

このブラックニッカ・スペシャル良いですよね。
日本のウィスキーは原酒不足から終売の嵐になって、飲める酒が少なくなってきたなぁと悲観してた時に、この酒がスーパーにも並ぶようになって救われた気がしましたね。

そして確かにカカオの感じはします。本文には抜けておりましたが。また値段を考えるとホントに良い酒ですよね。
これ1本有ったら良いじゃないかと思わせてくれる酒です。

このブログには大した事は書いてないので、参考にして頂いたと聞くと大変嬉しいです。
今後ともご意見をお聞かせ下さい。
Nori
2017/09/17 17:58
私は…普段はこれよりも安い奴で我慢しておりますが・・・時々贅沢でちょいと高い奴(1000円を少し超えるぐらいですが)を・・・その時には、何回に一回かは・・・これを飲んでます。

・・・なかなか、いいですよねえ・・・
三友亭主人
URL
2017/09/17 22:22
三友亭主人さん コメント有り難うございます。

この酒は値段よりずっと良い酒ですよねぇ。
この酒を飲むと「これでイイじゃないか」と思って、他の酒に手を出さずに終わってしまうことも多いです。
現在私のスタンダードになってますね。

ただやはり個性が立っていると、食事をしながらの晩酌には向かない場合もあるように思います。
そういう時はもう少し個性を押さえたものを水割りで…となるかなと。

私も小遣いに限度があるので1,000円スコッチが殆どなんですけどね。
Nori
2017/09/17 22:53
お!満を持してのBNSPですね。
自分でもリピート率の高い酒でして、昨年はWボトルもよく呑んでおりました。
甘みとスパイスがしっかりして味の厚みが割とあり、バランスをみると正にBNのベーシックなのだと思います。

1000円スコッチより頭一つ高いのですが、普段呑みに納得して購入出来る国産ウヰスキーの一つとして、一頃よりはリカーショップで割と陳列されるようになったのが好いですねー。

しかし「これが1本あれば良いかな」とは、CMの惹句になりそうな表現で実に共感します♪
つっち
2017/09/18 19:51
つっちさん コメント有り難うございます。

記事には書いておりませんが、私ももう何本か空けておりまして(笑)
スパイスの強い所が何か昔のウィスキーを彷彿とさせるものがありまして、飲んでいても面白味を感じる事が出来ますよね。
1,000円スコッチだと疲れてしまう部分があるのですが、ロックで飲んでると知らないウチに随分減っていたりします。

スーパーの売り場で品定めをしてる時に、「無理に1,000円スコッチを飲まなくても、これを飲めば良いじゃないか」と思うことが多々あって、下手をすると1,000円スコッチ探検の旅が終わってしまうのではないかと(笑)

まあまだ探検は続けますけどね。
Nori
2017/09/18 20:34
昨日は給料日でした。
きょうはウィスキーを買って帰ろうと思っています。
乙山先生の所でも似たようなコメントを出しておきました。
根岸冬生
URL
2017/09/20 15:51
Noriさん、こんにちは。
わけもなく、なんとなく、一年以上ウィスキーを飲んでいません。たぶん自室に冷蔵庫がないからだと思います。
またウィスキーを飲み始めるとき、何にしようか楽しみです。
ブラックニッカ・スペシャルか、スーパーニッカかな?
サントリーローヤルなんかも良いかもしれません。

往年の日本のウィスキーは、ミキサーと合わせるとうまく感じるようにブレンドしていた可能性がありますね。薄めの水割りなどが意外と合うのかもしれません。
只野乙山
2017/09/20 21:13
根岸さんコメント有り難うございます。

私は20日に給料日だったので良い酒でも買って帰ろうかと思ったのですが、仕事上非常に不愉快な状態になりましたので、少し環境を変えてみようかなと考えている所です。
少しというか劇的に変わるかも…。

プロは自分を正しく評価してくれる働き場所を選ぶと言いますから、そんな場所へ移るのも悪くないかなと。
Nori
2017/09/21 10:23
乙山先生 コメント有り難うございます。

おお、久々にウィスキー復活ですね。
この酒も良いですし、スーパーニッカも良いですね。それと最近改めて飲むと角もそれなりに飲めるなと。新しい富士山麓もなかなか良いですよ。

確かに古いタイプのウィスキーは、水で割ることを前提にした味だったんだろうと思いますね。
この酒もいつもの少量の加水より、水割りやロックの方が良い感じで飲めてしまいます。

次の酒はまた国産で書いてみようと思ってます。
Nori
2017/09/21 10:33

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
伝統の顔 ブラックニッカ・スペシャル この辺りの者でござる…/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる